美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【ダウンタイムが軽い!】2点止めによる二重まぶた埋没法1か月後の結果

f:id:fujiikazuhisa:20210207141139j:plain


こんにちは。今日は盛岡院勤務でございます。本日もたくさんのご予約をいただきまして、ありがとうございます。

 

今回も、経過観察にお越しくださった患者さんがブログ掲載を許可してくれましたので、術前術後画像を紹介させていただきます。

 

患者さんは二重まぶた埋没法を希望してカウンセリングに来てくれました。元々奥二重とのことですが、今まではアイプチを使って幅を少し広くしていたとのこと。

 

アイプチ生活を2年間続けたあと、手術を受けることを決意され、ご来院となりました。こちらが治療前の状態。

f:id:fujiikazuhisa:20210207124245j:plain

 

永久的な二重まぶたを手に入れるなら切開法がいいのですが、ダウンタイムが取れないことから埋没法の中でもいちばんダウンタイムが軽くすむ2点止めによる方法を行うことになりました。

 

1か月後の現在の状態はこちらです。

f:id:fujiikazuhisa:20210207124308j:plain

 

結果にご満足いただけて私たちもとてもうれしいです。

 

切開法はダウンタイムが埋没法より大変ですが元に戻る心配がまずないという点がメリットですが、埋没法が必ず元に戻ってしまう術式かというと、そうではありません。

 

まぶたの状態を無視した無理なラインや幅で二重まぶたを作ろうとすると、元に戻ってしまったり、いかにも手術で作りましたという感じの不自然な仕上がりになってしまうので、

 

デザインは自然な感じにするのがやはり一番なんです。今回の患者さんの場合も仕上がりはとても自然で私たちプロが見ても手術で作った二重まぶたとばれることはないと思います。

 

2点止めによる埋没法の費用は5万円(税別)、ダウンタイムは人によっては手術直後でも気にならない程度のことも多いですし、腫れたとしても2,3日から長くて1週間もあれば十分自然なレベルに落ち着き、

 

10日から2週間もあればほぼ完成の状態になります。注意点は術後2か月間はまぶたをこすらないように気をつけることでしょうか。

 

手術時間は2点止めなら10分以内に終わりますし、長期休みを取って受けなくてもいいので、比較的気軽に受けられる美容外科手術といえます。

 

でも、かんたんな手術でもオペを受けるのは不安ですよね?

 

しかし、二重まぶたの手術を受けてくれる患者さんのほとんどの方がアイプチやアイテープを使って二重まぶたを作ってきた方なんですが、毎朝の作業、大変じゃありませんか?

 

うまくラインが作れない日もあったり、アイプチのノリとメイクが混ざってまぶたの皮膚が汚く見えることがあったり、

 

アイプチやテープでまぶたの皮膚がかぶれてかゆみやヒリヒリ感でつらいこともあったりしませんか?

 

とはいえ、今さらアイプチをやめるわけにはいかない人も多いのではないでしょうか?

 

そう思うと、5万円の出費で毎朝の手間がはぶけて、メイクも楽になり、なによりアイプチやテープで作った二重まぶたより手術で出来たラインのほうが見た目が自然ですから、ダウンタイムを受け入れる価値は十分あると思います。

 

でもやっぱり、手術は怖い・・・。そう考える皆さんのお気持ちは理解できますから、まずはカウンセリングだけ受けてみるのはどうですか?

 

きっと思っているより大変な治療じゃないことをわかってもらえると思います。

 

カウンセリングは無料です。カウンセリングでは治療法の提案のほかに、シミュレーションでどんな感じの二重まぶたになるかもご覧いただけます。

 

手術枠に余裕があればカウンセリングのあとに手術を受けることもできますが、まずは説明だけうけてじっくり検討してから後日の手術でも構いません。

 

治療に関する疑問やわからないこと、ネットで調べてこういうことが書いてあったので心配だ・・・ということなど、カウンセリングではなんでも質問していただいていいので、お気軽に相談にいらしてください。お待ちしております。

【公式】美容外科、美容整形 タウン形成外科クリニック|東京1院東北6院 (keisei.ne.jp)