美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

脂肪吸引で効果がでる人ってどういうひと?

 

f:id:fujiikazuhisa:20191010112654j:plain

脂肪吸引を受けるかどうかを考えている人が一番気になるのは、高いお金を出して手術を受けたとしても、はたしてそれに見合った効果が得られるのかどうかではないでしょうか?

手術のデメリットを大きく上回るメリットがないなら、脂肪吸引をうける意味がありませんよね?そこで今回は、脂肪吸引で効果が出る人の条件を説明させていただきたいと思います。これを読むと、自分が脂肪吸引をうけて満足できるかどうかの判断ができるようになり、脂肪吸引で高い効果を得るためにやるべきことがわかるようになります。ぜひお読みください。

 

 

 

脂肪吸引の効果を決める4大要因

同じ体格の人が同じ医師の脂肪吸引をうけたとしても、効果のでかたには個人差があります。つまり、症例写真で自分と似た体格の人のbefore→afterを見ても、その人と同じような細さになれるとは限らないということなんです。その理由は、脂肪吸引の効果が決まる要因にはいくつかの条件があるからです。ここでは、脂肪吸引の効果が決まる4大要因について説明していきます。

①脂肪のつき具合

同じ体格の人でも脂肪が多い人と少ない人では、脂肪がたくさんついている人のほうが脂肪が多くとれるのでそのぶん、手術による変化度が大きくなると言えます。じぶんでは脂肪がいっぱいついていると思っていても、医師が診察してみると脂肪が少なくて脂肪吸引が向いていない人もいます。カウンセリングでは口頭で説明を聞くだけでなく必ず担当医の診察を受けて脂肪のつき具合のチェックをしてもらってください。

 

ここで画像を紹介したいと思います。体格が似ている2名の方のbefore→afterをごらんください。まずはお1人目。こちらの患者さんは脂肪があまり多くないタイプの方でした。

f:id:fujiikazuhisa:20191010140715j:plain

次にこちらをご覧ください。脂肪がたくさんついているこちらの方のほうが先ほどの患者さんより変化の度合いが大きいことをわかってもらえると思います。

f:id:fujiikazuhisa:20191010141146j:plain

 

②皮膚の弾力性

皮膚に張りがある人とない人では、皮膚に張りがある人のほうが脂肪吸引の効果がでやすいと言えます。その理由は、皮膚の張りが脂肪が“でっぱる”のを防いでくれるので皮膚に張りがある人のほうが皮膚にたるみがあるよりたくさんの脂肪が取れるからです。

 

今までに太ったり痩せたりを繰り返してきた人の場合、“肉割れ”とよばれる白い線ができて皮膚の弾力が低下していることが多いのですが、皮膚の弾力が低いのに皮膚に張りがある人と同じような脂肪吸引をうけると、脂肪吸引後に皮膚がたるんでしまい、たるみのせいで細く見えないという結果が起きてしまいます。

 

そのため、皮膚の弾力が低い人は手術後にたるみが出ないように脂肪の取り具合を調節する必要があります。太ももとお尻の脂肪吸引を受けた方の画像を見てみましょう。こちらの方はダイエットをこれまでに何度も頑張ってこられました。そのせいで太ももやお腹には肉割れがありました。

f:id:fujiikazuhisa:20191010141924j:plain

皮膚の弾力が低い方の場合、これ以上脂肪を取ると皮膚がたるんで細く見えなくなってしまうと手術中に医師が判断した時点でまだ脂肪が残っていても、手術を終える必要があります。つまり、脂肪の取り具合の調節を行うわけですね。この方の場合もそうしました。でも、写真を見ると手術前よりきちんと細くなっていることをご理解いただけるのではないでしょうか。

 

脂肪吸引をうける目的は細くなることです。限界まで脂肪を吸引してもらったけれどたるみが出て細く見えない・・・というのではなんのために脂肪吸引をうけたのかわかりませんよね。せっかく脂肪吸引をうけるのだから、できる限りたくさん脂肪を取ってほしいと考える気持ちは理解できるのですが、脂肪を目いっぱい取れば細くなるわけではないことをご理解いただければと思います。

③筋肉のつき具合

筋肉がほどよくついている人のほうが筋肉が少ない人よりも脂肪吸引で細く見える効果は高くなります。その理由を説明していきます。皮下脂肪は皮膚の下にあり、皮下脂肪の下には筋肉があります。(人間の皮下脂肪は高級和牛のように筋肉の中に脂肪が入り込んだ霜降り状態にはなっていません)

 

先ほど、皮膚に弾力がある人のほうが脂肪吸引の効果は高いと言いました。脂肪層の上を弾力のある皮膚が支え、脂肪層の下を筋肉が支えることで、皮膚と筋肉が脂肪層をしっかりサンドイッチにした状態になるので適度に筋肉がついている人のほうが脂肪吸引の効果が高くなるんです。

 

イメージしにくいかもしれませんのでもう少し詳しく説明します。サンドイッチを作る時に“ふわっ”と作った時と“ぎゅっ”と強く押して作った時では“ぎゅっ”と作ったほうが薄いサンドイッチになりますよね。“ギュッ”と押して作る=皮膚と筋肉で脂肪層を支える、薄いサンドイッチになる=細くなる、ということなんです。

 

ここで画像を紹介しましょう。お腹と腰の脂肪吸引をうけた方のbefore→afterですが、この方は皮膚に弾力があり、適度に筋肉がついていたおかげで、キレイな仕上りになっています。

f:id:fujiikazuhisa:20191010144819j:plain

 

筋肉がついていることが有利なのは脂肪吸引で効果がでやすいだけでなく、筋肉が少ない人より基礎代謝が高いので、体質的に太りにくくやせやすい状態となっています。そのため、脂肪吸引後も体型を維持しやすいメリットがあります。

④姿勢の癖

脂肪吸引の効果のでかたには姿勢のクセも影響します。姿勢が良い人とそうでない人では、姿勢が良い人のほうが体型がキレイに見えますよね。これは脂肪吸引の場合も同じで、姿勢が良い方のほうが脂肪吸引後の仕上がりはより細くきれいに見えるんです。

 

姿勢が良い人とそうでない人の違いは何かというと、それはおもに体幹筋(インナーマッスル)の発達度合いの差です。体幹筋というのは姿勢を支える時に作用する筋肉のことで、ヨガやバレエ、サーフィンなどをしている人は体幹筋が発達していることが多いです。

 

では、画像も見てみましょう。こちらの方は太ももとお尻の脂肪吸引をお受けになったのですが、細くなっただけでなく姿勢がよいおかげでお尻が上がって見えるようになり、足も長く見えるようになっていることがわかります。同じように脂肪吸引をうけても姿勢の良さで仕上がりが変わってくるのですから、普段からインナーマッスルを鍛えるのはとても意味があることだとわかりますね。ちなみに、インナーマッスルは自宅でトレーニングできますし、つらいトレーニングではないのでぜひやってみてください。

f:id:fujiikazuhisa:20191010153627j:plain

以上、脂肪吸引の効果を決める4大要因について説明しました。次は、脂肪吸引で高い効果を出すために前もって自分がやれることを説明したいと思います。

 

脂肪吸引で高い効果を得るためにやるべきこと


さきほど脂肪吸引の効果が決まる4大要因を説明しましたが、適度な筋肉をつけることやインナーマッスルを鍛えることは自分の努力でなんとかなっても、脂肪のつき具合や皮膚の弾力性は生まれつきや体質で決まる面もあるので自分の努力ではどうしようもないところがありますよね。

 

 ここでは、脂肪吸引で高い効果を得るために脂肪吸引をうけるまえに自分がやれること、やるべきことについて説明していきます。

 

①急激に体重が変わらないように気をつける

脂肪吸引で高い効果を得るために、今後は急激に体重が変わるようなダイエットや激太りをしないように気をつけてください。その理由は、急激に体重が増える(急激に太る)と皮膚がその変化についていけなくて肉割れを起こし、その状態で脂肪吸引をするとたるみが出てしまうため、たるみが出ないように脂肪を控えめに吸引するしかないので手術を受けても大きな変化が期待できなくなるからです。

 

反対に、急激に体重が減る(急激にやせる)と皮膚がたるんでしまい、脂肪吸引前にすでに皮膚にたるみがある状態だと脂肪の取り具合はかなり控えめにするしかなく、しっかり脂肪を取り除けないからです。皮膚の弾力性を保つためにも急に太ったり痩せたりするのは避けるようにしてください。

 

②インナーマッスルのトレーニングをする

 脂肪吸引でより高い効果を得るために、これから脂肪吸引を検討している方は体幹筋(インナーマッスル)のトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。体幹筋を鍛えることでキレイな姿勢をキープできるようになり、脂肪吸引後の見た目がより美しくなります。

 

体幹筋のトレーニングは自宅でできることですからジムに通う必要はありませんし、トレーニングのための道具を用意する必要もありません。1日10分でできる参考動画を紹介しておきますので、今日から始めて毎日の習慣にするつもりで是非がんばってみてください。


自宅で出来る10分筋トレ(初級編)

 

まとめ

脂肪吸引の効果が出やすい人のタイプと脂肪吸引の効果をより良くするために自分でできることの紹介をさせていただきました。お読みいただいた方の中には、自分は脂肪吸引の効果が出にくいタイプだ・・・と感じた方もおられるかもしれません。

 

実際に脂肪吸引を受けている方というのはこれまでに自分で頑張れることは自分なりにやってきた人が多く、脂肪吸引の効果を決める4大要因をすべて満たしている方というのはほとんどおられないものです。

 

私たち美容外科医は目の前の患者さんをどうすれば治療効果を最大限に引き出してあげることができるかを考えて診療を行っていますから、脂肪吸引を検討しているなら、まずは美容外科クリニックで医師による説明と診察を受けてみることをお勧めします。