美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【やみつき注意!】お腹と太ももの脂肪吸引で大変身

f:id:fujiikazuhisa:20191106131522j:plain

 もし全身の脂肪吸引をうけたら、どのくらい細くなれるのか、知りたいと思いませんか?

 

一度の治療で全身の脂肪吸引をおこなうのは安全性や体への負担が大きいのでできないのですが、脂肪吸引をうけてその効果のすごさを実感し、他の部分の脂肪吸引も受けたいと思うようになって結果的にほぼ全身の脂肪吸引をうけたという方はたくさんおられます。

 

そこで今回は、全身ではありませんがお腹の脂肪吸引をうけたあとに太ももの脂肪吸引を受けてくれたモニター患者さんを紹介します。

 

患者さんは当初、お腹周りが気になるとお腹とウエストの脂肪吸引を希望し、モニターとして治療を受けてくれることになりました。手術前の状態がこちらです。

f:id:fujiikazuhisa:20191106133414j:plain

 患者さんのお腹には肉割れがあります。皮膚にたるみや肉割れがある患者さんが脂肪吸引を受ける時は、前もって知っておくべき注意点があります。

 

そのため、僕から患者さんに以下のことを説明しました。

  1. 脂肪吸引後は今よりたるみや肉割れが目立つ可能性がある
  2. たるみ、肉割れを悪化させないために吸引する脂肪量の調節が必要
  3. そのため、治療効果は皮膚に弾力がある人よりも劣る傾向がある
  4. 手術後1か月間は24時間体制で患部の圧迫が必要
  5. お腹に不自然なしわができるのを予防するため、術後はよく動くようにする

そして、脂肪吸引後3か月後の状態がこちらです。肉割れはそのままですが、ウエストにくびれができて、腹筋の輪郭がうっすら見えるほど細くなりました。

f:id:fujiikazuhisa:20191106140256j:plain

 

 変化がわかりやすいように、脂肪吸引前後の画像を横に並べたものを示します。左が脂肪吸引前、右が脂肪吸引後3か月です。

f:id:fujiikazuhisa:20191106150629j:plain

 

患者さんはとても喜んでくださったのですが、脂肪吸引の効果がすごいことがわかると、今度は太ももが気になってきて、太ももの脂肪吸引もうけたいと考えるようになったそうです。

 

お腹とウエストの脂肪吸引をモニターで受けてもらっているので、太ももとお尻の脂肪吸引もモニターとして受けてくれませんかと提案し、太ももお尻の脂肪吸引も担当させていただくことになりました。こちらが太ももの脂肪吸引前の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20191106151132j:plain

 こちらを見ると確かに、お腹がスッキリしてウエストにくびれができたのに対し、太ももは患者さんが元々“内また”の癖があることも原因して太ももの内側にはすき間がない状態です。

 

脂肪吸引をしても内またが治るわけではありませんが、余分な脂肪を取り除くことで太ももの内側にすき間を作ることはできますし、細くなったお腹とバランスの取れた足を手に入れることができます。

 

そしてこちらが、太ももの脂肪吸引3か月後の状態です。細い太ももになりました。お腹の細さに合った細い足になりました。

f:id:fujiikazuhisa:20191106152108j:plain

 

変化がよくわかるように脂肪吸引前後の画像を並べて示します。左が脂肪吸引前、右が手術後3か月の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20191106152615j:plain

 

お腹・ウエストの脂肪吸引をうけたあと、こんなに細くなるならと太もも・お尻の脂肪吸引も受けてくれた患者さんですが、いちばんはじめの状態から現在の細さになるまでの変化がよくわかるように、お腹の脂肪吸引ビフォーアフターと太ももの脂肪吸引ビフォーアフターの画像を示します。

f:id:fujiikazuhisa:20191106152951j:plain

f:id:fujiikazuhisa:20191106153013j:plain

 

 脂肪吸引の効果のでかたは患者さんの状態によって違いがあります。詳しくは過去記事『脂肪吸引で効果がでる人ってどういうひと?』をお読みになってみてください。

 

www.fujiikazuhisa.com

 

脂肪吸引をうければ誰でも希望通りの体型を手に入れられるわけではなく、治療効果には限界もありますが、今まで何度もダイエットを繰り返してつらい思いをしてきた人は、部分痩せの方法の選択肢の一つとして脂肪吸引を検討してもいいのではないでしょうか。

 

効果の高い治療法である脂肪吸引ですが、いいことばかりではありません。痛みや腫れ、青あざが出るなどのダウンタイムの時期がありますし、まれなケースとはいえ、血腫や傷跡が盛り上がって治るなどのリスクがあります。手術費用も決して安いとはいえません。

 

脂肪吸引のダウンタイム、リスクについては過去記事でもっと詳しく解説していますのでこちらもご参照ください。

www.fujiikazuhisa.com

www.fujiikazuhisa.com

 

 そして、脂肪吸引は希望すれば誰でも受けられる手術ではなく、治療に向き不向きもありますから、じぶんに脂肪吸引の適応があるかどうか、医師に診断してもらう必要があります。

 

そのために美容外科クリニックで医師のカウンセリングを受けてみてください。できれば、一つだけでなく、いくつかのクリニックで説明を受けるほうがいいと思います。その理由は医師によって治療方針に違いがあるので、じぶんに合った医師とめぐり合うためには複数の医師の意見を聞いたほうがいいからです。

 

脂肪吸引のカウンセリングを受けに行った時に医師に絶対聞くべきことをまとめた過去記事もあるので、クリニックに行く前に必ず読んでおいてください。

www.fujiikazuhisa.com

 僕が勤務しているタウン形成外科クリニックでお腹とウエストの脂肪吸引をうける場合の費用は80~120万円(税別)、太もも全体とお尻の脂肪吸引は107万5000円~150万円(税別)となっています。予約制となっていますのでお越しくださる際はお手数ですが予約をおねがいします。お待ちしています。

www.keisei.ne.jp