美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【実録ブログ!】太ももの脂肪吸引はこういう風にやります

f:id:fujiikazuhisa:20200121103416j:plain


今回は、太ももの脂肪吸引のことについて詳しく説明させていただきます。

 

このブログでは、モニター患者さんの協力のもと、手術風景を撮影して脂肪吸引の手術がどのように行われ、手術中にどのように細くなっていくかを画像で解説しています。

 

そして、脂肪吸引で効果が出やすい人はどういう人か、ダウンタイムやリスク、休みはどのくらい取ったほうがいいか、受ける前に事前に準備しておくと便利なもの、費用対効果について、脂肪吸引の関連ページを紹介していきます。

 

これを読むと、太ももの脂肪吸引を検討している人は治療の注意点をすべて知ることができるようになります。ぜひ参考になさってください。

 

ではまずは、太ももの脂肪吸引がどのように行われているのか、画像で解説していきます。

 

太ももの全面の脂肪吸引は足のつけねから行います。皮膚を切開する部分にしるしをつけます。

f:id:fujiikazuhisa:20200120204618j:plain

 

このように、皮膚のしわと一致する部分を皮膚切開部分にすると、傷跡はほとんどわからないくらいにキレイに治ります。

f:id:fujiikazuhisa:20200120204759j:plain

患者さんは硬膜外麻酔と静脈麻酔で痛みを感じない状態、眠った状態になっておられます。硬膜外麻酔ってなに?という方は過去記事をご参照ください。

 

www.fujiikazuhisa.com

 

皮膚を切開する部分に麻酔注射をしています。すでに麻酔が効いているので、麻酔注射のチクっとする痛みも感じることはありません。

f:id:fujiikazuhisa:20200120205320j:plain

皮膚を切開して、

f:id:fujiikazuhisa:20200120205352j:plain

脂肪層全体にチューメセント液を注入していきます。チューメセント液を注入することで脂肪層がふやけて脂肪吸引がやりやすくなります。

f:id:fujiikazuhisa:20200120205509j:plain

 傷口にスキンプロテクターを装着して脂肪吸引の準備は完了です。

f:id:fujiikazuhisa:20200120205706j:plain

では、脂肪吸引スタートです。

f:id:fujiikazuhisa:20200120205749j:plain

 

その結果、こうだった太ももの内側は

f:id:fujiikazuhisa:20200120205839j:plain

こうなりました。

f:id:fujiikazuhisa:20200120205900j:plain

ひざは内側はこうでしたが、

f:id:fujiikazuhisa:20200120205941j:plain

今ではこうです。

f:id:fujiikazuhisa:20200120210002j:plain

太ももの前側はこうでしたが、

f:id:fujiikazuhisa:20200120210054j:plain

こうなりました。

f:id:fujiikazuhisa:20200120210115j:plain

太ももの前面は手術前はこうでしたが、

f:id:fujiikazuhisa:20200120210225j:plain

前面終了後はこんな感じです。どうですか!!

f:id:fujiikazuhisa:20200120210259j:plain

 

え?あんまり大して変わってない・・・

ですって?

 

ちょっと待ってください。まだ後面は何もやってませんので、苦情は最後まで見ていただいてからお願いいたします。

 

では後面も同様にやっていきます。

f:id:fujiikazuhisa:20200120210557j:plain

 おしりは元はこんな感じでした。

f:id:fujiikazuhisa:20200120210812j:plain

今はこうなりました。

f:id:fujiikazuhisa:20200120210847j:plain

太ももの横の外側に出っ張った部分は元はこうでした。

f:id:fujiikazuhisa:20200120210939j:plain

余分なおにく、なくなりました。

f:id:fujiikazuhisa:20200120211024j:plain

太もも全体とおしりから取れた脂肪がこちらです。ペットボトル内の黄色い部分が脂肪で、下の赤い部分が麻酔液と体液や血液です。脂肪量は3000ccくらいでした。

f:id:fujiikazuhisa:20200120211406j:plain

では、太もも全体とお尻の脂肪吸引が終わって手術後はどう変わったのか?をご覧いただきましょう。脂肪吸引前はこういう感じだったのが、

f:id:fujiikazuhisa:20200120211545j:plain

余分な脂肪がなくなって今ではこうなりました。

f:id:fujiikazuhisa:20200120211625j:plain

あんまり大して変わってない・・・なんて言わせませんよ。明らかに、あきらかに細くなってると認めざるを得ないんじゃないでしょうか、はい。

 

パーソナルジムに行って、食事制限をして、ついでに脚痩せエステに行ってもここまでの細さになれるのはごく一部の成功例の方だけだと思うんです。

 

でも、脂肪吸引なら、このくらいの細さは当たり前のようになれます。しかもたったの3時間で。

 

脂肪吸引では余分な脂肪を吸い取るんですから、そりゃ確実に細くなれるんです。変わらないなんてことはありえません。

 

ただですね、効果の出方には個人差があることも事実です。脂肪吸引で効果が出やすい人はどんなタイプの人かを解説した過去記事があるのでよかったら読んでみてください。

www.fujiikazuhisa.com

 

それと、エステと違って脂肪吸引には痛みや腫れが出るダウンタイムがあります。腫れが長引いたり、傷跡が残るリスクもあります。メリットばかりではないわけですね・・・

 

ダウンタイムやリスクについては前もってきちんと知っておくべきなので、こちらも過去記事で解説しています。必ず目を通してください。お願いします!

 

www.fujiikazuhisa.com

www.fujiikazuhisa.com

 

となると、学校や仕事を休めるときに脂肪吸引は受けたほうがいいってことになりますよね。どのくらいの休みをとればいいかについてもすでに記事を作ってあります。ぜひ読んでください。

www.fujiikazuhisa.com

 

術後を少しでも楽に過ごすために、あったら便利なグッズを紹介している記事もあります。参考にしてください。

www.fujiikazuhisa.com

 

ところで、気になるのが費用ですよね?太ももおしりの脂肪吸引を受けていただく場合、タウン形成外科クリニックでは107万5000円~150万円(税別)となっております。

 

高い!

そう思われましたよね?

 

そう感じられるのは当然です。100万円ですから大金です。

 

でも、細くなった効果をこの先ずっとキープできるんだとしたらどうでしょう?年単位で考えればそんなむちゃくちゃな値段というわけでもないのではないでしょうか?

 

脂肪吸引の費用対効果、コストパフォーマンスを検討してみた過去記事があるので、本当に高いのかどうか、記事を読んでいただいて1回考えてみていただきたいです。

 

www.fujiikazuhisa.com

 

長い文章を最後まで読んでくださってありがとうございました。脂肪吸引をうけて細くなりたい、足の太さのことを気にせずに生きていきたいという方はまずはカウンセリングだけ受けてみるのはどうですか?

 

カウンセリングは無料です。カウンセリングを受けたから手術を申し込まないといけないということもありませんし、セールストークを聞かされて申し込むまで帰してもらえないということも一切ありません。

 

カウンセリングで僕の説明を受けていただいて、ちょっとな・・・と感じられたら話だけ聞いて帰っていただいて結構です。うけたいけどよく考えて決めたいと思ったなら、その日は持ち帰ってじっくり検討してどうするかを決めてくださって大丈夫です。

 

匿名で書かれたネットの情報では本当のことってわからないですよね。匿名だから好き勝手なことが書けますし、内容について責任を取る必要もないのですから、いい加減な情報のほうが多いと言えるのではないでしょうか。

 

その点、僕は実名で情報発信しています。適当なことは言えない立場です。脂肪吸引の手術を20年間で5000人以上担当してきていて、たくさんの患者さんの術後経過や結果を見てきています。

 

ネットの誰が書いたかわからない情報と脂肪吸引を仕事にしている医師の情報。どっちが信ぴょう性が高い情報でしょうか。答えは明らかだと思うんです。

 

カウンセリングも予約制です。ネット予約もできます。

www.keisei.ne.jp

 

カウンセリング時間は1時間くらいかかるので、時間に余裕のある時に来てくださいね。聞きたいことがあればメモにして持ってきてもらうのもいいと思います。お待ちしています。