美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【脂肪吸引の費用】安くおさえるための3つの方法

f:id:fujiikazuhisa:20191211232559j:plain


脂肪吸引をうけたいと思っても、費用がネックになって受けられない人もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、脂肪吸引を安くうける方法を紹介させていただきます。

 

これを読むと、これから脂肪吸引を考えている人が費用を安くおさえる方法と安く受ける時の注意点を知ることができます。是非参考にしてください。

 

脂肪吸引を安く受ける方法は3つ

ここでは質の高い脂肪吸引が受けられてなおかつ、費用を安くおさえる方法を3つ紹介します。

モニターになって脂肪吸引をうける

脂肪吸引のモニターになると、通常より安い費用で治療をうけることができます。

 

ただし、モニターだからお得というわけではなく、新人医師に経験を積ませるためにモニター患者さんが募集されるケースもあり、注意点もあります。

 

脂肪吸引のモニターになると通常よりも安い費用でうけられる理由は、クリニックが通常料金より安い値段で患者さんに治療を提供してもクリニックにメリットがあるからです。

 

クリニック広告の宣伝材料としての症例写真に使うためのモニターなら無料~半額以下で受けられるところが多いと言えます。割引率が高い分採用してもらえる確率は非常に低いと言えます。

 

空いているクリニックの予約枠を埋めるための特別料金としてのモニターの場合は半額~数万円割引となっているところが多いようです。

 

モニター制度があるクリニックであれば、じぶんがモニターになって脂肪吸引を受けることができないか、たずねてみることをお勧めします。

 

 価格交渉をしてみる

脂肪吸引のカウンセリングを受けて、このクリニックに任せてみたいと感じることができたら、ぜひ価格交渉をしてみてください。

 

“値切るなんて図々しい”と思う必要はありません。

 

よほど特殊な事情がない限り、クリニックが採算度外視で治療を請け負うことはありえないわけですから、安くうけてもクリニックは利益を確保できていますので負い目を感じることはありません。

 

 クリニックの繁忙期を避けてうける

美容外科クリニックには、繁忙期と閑散期があります。

 

繁忙期というのは、美容整形を受けたい人の予約が集中する時期のことで、特に年末年始や春休み、ゴールデンウイーク、お盆休み、こよみ上の連休は美容外科クリニックは予約が取りにくいことが多いです。

 

そして金曜日や土曜日は、有給休暇と組み合わせれば連休にできる人もいるので平日に比べると予約が取りにくい傾向があります。

 

ということは、

  • 年末年始をさける
  • 3月末の春休みをさける
  • ゴールデンウイークを避ける
  • お盆休みをさける
  • カレンダーの連休をさける

ようにすれば、モニターで受けられる確率もあがりますし、値段交渉に応じてもらえる可能性も高くなります

 

それに閑散期はクリニックも予約枠に余裕があって予約を引き受けたいのですから、正規費用より安い料金設定をしていたり、キャンペーンを行っていることがあります。

 

特に繁忙期の直後はねらい目です。ねらい目の時期は以下の通りです。

  • 正月休み明け
  • 4月中旬(春休みおわり~ゴールデンウイーク前)
  • 5月中旬(ゴールデンウイークのあと)
  • お盆明け
  • 連休がおわったあとの平日

閑散期にうけるということは、自分の学校の休みや仕事の休みでない時期に脂肪吸引をうけるスケジュールを立てる必要があるので誰にでもできることではありませんが、少しでも治療費をおさえたいのであれば検討してみる価値はあると思います。

 

脂肪吸引の費用をおさえる方法のまとめ

脂肪吸引を安くうけるための方法を紹介させていただきましたが参考になったでしょうか?

 

安い脂肪吸引を受けることだけが目的なら最安値のクリニックをネットで探せばいいだけですが、みなさんが期待しているのは高品質の脂肪吸引をお得にうけることではないでしょうか?

 

質の高い脂肪吸引をうけるには、技術力のある医師の治療をうけることが不可欠です。

 

技術力のある医師にめぐり合うために、カウンセリングを受けに行った時に医師に質問すべきことをまとめた過去記事がありますので、こちらもぜひ読んでおいてください。

 

www.fujiikazuhisa.com