美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【脂肪吸引の痛み】手術後の痛みを軽くする3つの方法

f:id:fujiikazuhisa:20200104233113j:plain


脂肪吸引をうけたいと考えている人の中には、『痛み』のことが気になって一歩をふみだせない方もおられるのではないでしょうか?

 

美容外科クリニックのHPで脂肪吸引のことを調べてみると、麻酔をするから手術は“無痛”でうけることができます。手術後の痛みは“筋肉痛程度”ですと書いてあることが多いのに、

 

脂肪吸引をうけた人のブログには、“手術中に麻酔が切れて麻酔を足してもらった”、“家に帰った後は動くたびに激痛が走った”と書いている人もいて、

 

どの情報が本当なのか?と不安になったことがある人もいると思います。

 

そこで今回は、手術を楽に受けるための注意点と手術後の痛みを軽くする3つの方法を解説していきます。

 

脂肪吸引の手術を楽に受けるための注意点

脂肪吸引の手術を楽に受けるために、静脈麻酔をしてもらってください。

 

静脈麻酔をおこなうと、眠った状態で手術をうけられるので痛みや不安を感じることなく楽に脂肪吸引をうけることができます。

 

静脈麻酔をおこなうには、手術前日から食事や水分摂取に制限があったり、安全な麻酔管理のためにクリニックが準備する薬剤や機材、人員配置が局所麻酔のみで手術をおこなう場合よりコストがかかるため、そのぶん治療費が高くなる傾向がありますが、

 

脂肪吸引は生涯で何度もうけるものではありませんし、大事なカラダのことですから費用が多めにかかったとしても手術を楽に受けられることを優先したほうがいいと思います。

 

脂肪吸引後の痛みを軽くする3つの方法

ここでは、脂肪吸引後の痛みを軽くするための3つの方法を紹介していきます。

 

①積極的に痛み止めを使う

手術直後は麻酔が効いているために痛みがないのがふつうです。しかし麻酔が切れてくると打撲痛のような痛みがでてきます。

 

そこで、術後の痛みを軽くするために、痛みがなくても痛み止めを使って積極的な痛みのコントロールをしましょう。

 

そうすることで術後早期から痛みレベルを最小限におさえることができ、つらい思いをせずに術後を過ごすことができます。

 

具体的には、手術が終わって水分の摂取が許可されたら痛み止めを1錠飲みます。その後は5,6時間ごとに痛み止めを1錠飲むようにします。これを術後3,4日目まで続けます。

 

これによりまったく痛くなくなるとは言いませんが、激痛というほどの痛みは感じなくてすみ、いつも通りとはいかないまでも十分我慢できる程度の痛みですむはずです。

 

【注意】クリニックによって処方されている鎮痛薬は違うので、痛み止めの使い方は担当医の指示を優先してください。

 

②患部を圧迫する

脂肪吸引をうけた部分が圧迫されていないと腫れが大きくなり、腫れが大きいと痛みも強くなります。

 

そのため、脂肪吸引後に患部を圧迫することは術後の痛みを軽くすることに大きく役立ちます。

 

手術後はクリニックで患部を圧迫してくれますが、患部が圧迫されていると窮屈に感じるので圧迫下着をゆるめたくなるかもしれません。しかし、圧迫をゆるめると腫れが大きくなって痛みが強くなるので絶対に自己判断で圧迫をゆるめないようにしてください

 

③患部を冷却する

 

脂肪吸引をうけた部分の組織には炎症がおきています。炎症とは、腫れている、赤くなる、熱をもった感じ、痛みがある状態のことをさします。

 

患部を冷却すると炎症がはやくおさまるので痛みの軽減に役立ちます。ただし、冷却のしすぎは血流の悪化につながり、治癒を遅らせる原因となります。

 

そのため、適度に冷却することが重要です。

 

具体的には、圧迫下着の上から保冷剤などをあてて気持ち良い程度に冷やすようにしてください。

 

まとめ

脂肪吸引を楽に受けるために麻酔は静脈麻酔を使ってもらったほうがいいこと、脂肪吸引後の痛みをやわらげるための3つの方法を紹介させていただきました。

 

なお、お腹や太ももの脂肪吸引後で痛み止めを使っても我慢できないほどの痛みがあったり、全身がだるく今まで体験したことがないほどつらい時はクリニックに連絡して必ず医師の診察をうけてください。

 

通常はそこまでの状態になることはありませんが、あまりにひどい痛みの場合は血腫などの合併症が生じている可能性があります。

 

痛みに敏感な方の場合、通常の痛みレベルであってもとてもつらく感じることがあるかもしれません。診察をうけてみると特に異常はないことがほとんどですが、異常がないことが一番なのですから、ささいなことでクリニックに相談するのは迷惑ではないか?などと考える必要はありません。治療をうけたクリニックを頼ってください。

 

そして、脂肪吸引をうける前は痛みのことをとても心配していても、実際にうけてみるとそれほど大した痛みではなく、取り越し苦労である場合がほとんどです。ですので、脂肪吸引をうけることをよほど安易にとらえていない限り、受け入れられる程度の痛みと考えてもらって大丈夫です。

 

脂肪吸引後の生活を少しでも楽に過ごすのに役立つグッズを紹介している過去記事があります。よかったらこちらも参考になさってください。

 

www.fujiikazuhisa.com