美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【脂肪吸引】手術直後に効果がわかるってホント??

f:id:fujiikazuhisa:20191222223615j:plain


脂肪吸引は手術がおわってすぐの状態で細くなっているので、手術直後に効果がわかります。ホントです。

 

しかし実際には、脂肪吸引後1,2週間は患部に腫れや青あざ、むくみが出ます。そのため、細くなった感じがしないと感じる時期があります。

 

腫れやむくみ、内出血がひいて手術後1ヶ月もすると、細さを実感できる状態にはなるものの、患部をさわると硬い感じになっていたり、患者さんによってはところどころに凹凸ができていることもあります。

 

さわると硬い感じやデコボコは、手術から3か月~6ヶ月後に落ち着いて仕上がりの状態になっていきます。

 

まれなケースですが、患部の腫れが長引いたり、青あざが治るのが通常より長期間かかると完成時期はさらにずれこむことになります。

 

つまり、脂肪吸引をうけてもすぐに完成の状態になるわけではなく、『これが仕上がりです』と言えるようになるまでにはどんなに早くても3か月はかかるということになります。

 

患者さんにとって仕上がりまでの数か月間は長く感じるでしょうし、経過期間中には『ほんとに細くなるんだろうか?』『失敗ではないだろうか?』と不安に思う人がいても不思議ではありません。

 

そこで今回は、手術直後に治療効果がでていることをご理解いただけるように、僕が担当させてもらった患者さんの手術開始前と手術直後の写真を紹介させていただきます。

 

まずは二の腕からいきましょう。こちらが手術開始前の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20191222230521j:plain

二の腕の脂肪吸引は約1時間でおわります。1時間後にはこの細さになっています。

f:id:fujiikazuhisa:20191222230640j:plain

 

次はお腹とウエストをご覧いただきます。こちらが手術開始前です。

f:id:fujiikazuhisa:20191222230815j:plain

 お腹とウエストの脂肪吸引は約2時間でおわります。2時間後にはぺったんこになってくびれができて、腰の骨が浮いて見えるほどの細さに変身です。

f:id:fujiikazuhisa:20191222231049j:plain

 

今度はお尻です。こちらは手術開始前です。

f:id:fujiikazuhisa:20191222231444j:plain

お尻の脂肪吸引は約40分でおわります。1時間かからずにウエストのくびれのカーブに沿った小尻になれます。

f:id:fujiikazuhisa:20191222231720j:plain

 

そして脂肪吸引の一番人気の部位。太ももです。こちらは手術開始前です。左足を僕の手で覆いましたが指と指がこのくらい離れていました。

f:id:fujiikazuhisa:20191222232137j:plain

太ももの脂肪吸引は前面と後面があるので2時間くらいかかりますが、手術後には余裕で指と指がくっつくようになりました。

f:id:fujiikazuhisa:20191222232350j:plain

 

最後にふくらはぎです。手術開始前の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20191222232513j:plain

ふくらはぎの脂肪吸引は1時間でおわります。余分な脂肪がなくなってペラっとするようになりました。

f:id:fujiikazuhisa:20191222232656j:plain

 

 いかがだったでしょうか?手術直後でも細くなっていることをご理解いただけたと思います。

 

そしてこれは、実は仕上がりの細さではありません。その理由は、手術直後には腫れが出始めているので、この細さは腫れが少し出ている状態の細さなので、ほんとうの仕上がりはもっと細くなるんです。

 

ということは、手術直後に細くなっていることを実感できたなら、数か月後の完成時にはもっと細くなれることを意味します。

 

そう考えると、ダウンタイム期間、完成までの待機期間を受け入れてアフターケアを頑張る価値があると思いませんか?

 

手術が終わると痛みや腫れ、内出血をできるだけおさえるために下の画像のように患部を圧迫します。こちらは二の腕の圧迫。

f:id:fujiikazuhisa:20191222234418j:plain

お腹ウエストの圧迫。

f:id:fujiikazuhisa:20191222234512j:plain


太もも、お尻、ふくらはぎの脂肪吸引の時の圧迫。

f:id:fujiikazuhisa:20191222234607j:plain


患部の圧迫がおわってしまうと細さがわからなくなるので、患部を圧迫してしまう前に脂肪吸引をうけた部分を触らせてもらうことをおすすめします。その変化にきっと感動されると思いますよ。

 

ただし、脂肪吸引をおこなっているクリニックの多くは、患者さんに楽に手術を受けてもらうために静脈麻酔を使いますから、手術直後はまだ頭がぼーっとした状態かもしれません。

 

麻酔による眠さが残っていると患部を触れた記憶を覚えていないこともありえますから、僕が脂肪吸引を担当させてもらうときは、手術がおわる少し前に患者さんに目覚めてもらえるように麻酔を調整して、圧迫をする前に細くなった部分を患者さんに触れてもらうようにしています。

 

脂肪吸引をうけることを決めたら、カウンセリング時に医師に『手術がおわって圧迫する前に脂肪をとったところを触らせてくださいね!』と頼んでおくといいのではないでしょうか

 

脂肪吸引は部分痩せのための最強の治療法ですが、前述の通り、ダウンタイムやリスクもあります。ダウンタイムやリスクについて詳しく知りたい方は過去記事がありますのでそちらも是非よんでみてください。

 

www.fujiikazuhisa.com

www.fujiikazuhisa.com

 

僕に脂肪吸引を任せていただける場合はまずはカウンセリングを受けに来てください。僕から治療内容や注意点を説明させていただいて、どんな質問にもすべて答えます。カウンセリングで聞きたいことはなんでも聞いてください。

 

脂肪吸引をうけるには事前に血液検査が必要なので、申し訳ありませんがカウンセリング当日の手術はできません。

 

脂肪吸引の治療の流れについては全6回の特集記事があります。読むのが大変かもしれませんが、目を通していただくと脂肪吸引のことをもっと詳しくご理解いただけると思います。特集記事の第1回はこちらです。

www.fujiikazuhisa.com

 

脂肪吸引の値段についてですが、僕が勤務しているタウン形成外科クリニックの料金を以下に示します。

  • 二の腕 27万円~60万円(税別)
  • お腹とウエスト 75万円~190万円(税別)
  • 太ももとお尻 107万5000円~150万円(税別)
  • ふくらはぎ 30万円~50万円(税別)

お支払いは最長60回までの医療ローン(要審査)のご利用も可能です。

 

タウン形成外科クリニックは完全予約制となっていますので、カウンセリングにお越しいただける場合はご予約をお願いいたします。ネット予約も可能です。お待ちしています。

www.keisei.ne.jp