美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【ぽっこりお腹】脂肪吸引でどこまで治せる??

f:id:fujiikazuhisa:20191217221826j:plain


お腹のポッコリが気になってお腹の脂肪吸引を考えている人であれば、脂肪吸引を受けるとどのくらいの効果が得られるのか知りたいのではないでしょうか?

 

お腹のぽっこりの原因は脂肪だけが原因とは限らず、原因は以下の4点が考えられます。

  • インナーマッスルが衰えている
  • 便秘でお腹が張っている
  • 皮膚がたるんでいる
  • 余分な脂肪が多い

ぽっこりお腹の原因が、腹筋の下にある腹横筋(ふくおうきん)の発達不足である場合があります。腹横筋というのは腹筋の下にあるインナーマッスルなんですが、腹横筋が衰えている人は腹横筋を鍛えることで今よりお腹のぽっこりを改善させることができます。

 

食事の後にぽっこりが目立つ、立っている時より座っている時のほうがポッコリしているという方は、腹横筋の発達不足の可能性が高いので鍛えることをおすすめします。

 

“鍛える”というと、つらい腹筋運動を思い浮かべるかもしれませんが、インナーマッスルのトレーニングは、毎日気軽にできるトレーニングなんです。自宅でひとりでできますし、お金もかかりません。

 

参考動画を紹介させていただくので、今日から1日10分、やってみてはどうでしょうか?


自宅で出来る10分筋トレ(初級編)

 

トレーニングをしてもすぐに結果が出るわけではなく、変化がわかるまでには早くても3か月くらいはかかるんですが、だからといって何もしなければ3か月後も今といっしょです。きちんとやれば成果はでるので是非やってください。

 

ほかには、便秘でお腹が張っていてポッコリお腹になっている場合は、便秘を解消する必要があります。便秘の解消には以下の方法をやってください。

  • 水分を多めにとって便を柔らかくする
  • 食物繊維を摂取して腸の動きを正常化する
  • 腸内細菌を正常化するために納豆やヨーグルトを食べる
  • それでもダメな場合は便秘薬をのむ

ぽっこりお腹の原因がお腹の皮膚のたるみである場合は、自分ではどうすることもできないので、たるみ取りの手術を検討しなければならないのですが、たるみ取りの手術まで受けなくてもインナーマッスルのトレーニングで今より改善させることはできます。

 

余分な脂肪がついていてポッコリお腹に見える場合は脂肪吸引が有効ですが、脂肪だけが原因ではなくてインナーマッスルのトレーニングも必要である場合がほとんどですので、やっぱりインナーマッスルのトレーニングは必須と言えます。

 

だからお腹の脂肪吸引のカウンセリングでは、僕は患者さんにインナーマッスルのトレーニングを術後1ヶ月から始めてくださいと必ず伝えています。

 

ここで、ぽっこりお腹を気にしてお腹と腰の脂肪吸引を受けてくれたモニター患者さんの画像を紹介させていただきます。左が脂肪吸引前で右が脂肪吸引後です。

f:id:fujiikazuhisa:20191217211746j:plain

画像を見ますと、脂肪吸引だけでも受ける前よりはポッコリ度は改善したのですが、それでもぽっこりが完全に解消するまでには至っていません。でもこれが脂肪吸引の限界なんです。

 

これ以上の成果を求める場合は、便秘持ちの人は便秘を治すしかないし、インナーマッスルの発達不足の人はトレーニングをするしかないんですよね。

 

もう一人、モニター患者さんを紹介させていただきます。ポッコリお腹を気にしてお腹とウエストの脂肪吸引をうけてくれたモニター患者さんです。左が脂肪吸引前、右が脂肪吸引後です。

f:id:fujiikazuhisa:20191010144819j:plain

この患者さんは二の腕の脂肪吸引も受けてくれたので二の腕も細くなっているんですが、横から見るとこんな感じになりました。

f:id:fujiikazuhisa:20191031123442j:plain

 こちらの患者さんは、カウンセリングの時の指導を守って、術後1ヶ月後からのインナーマッスルトレーニングをやってくれたんです。だから脂肪吸引だけでここまでの細さになったわけではありません。

 

脂肪吸引だけですべてを完結させようとするとぽっこりの改善度には限界があるんですが、脂肪吸引後にじぶんでも頑張ってもらえると、ここまでの効果を引き出すことができます。

 

だったら、脂肪吸引を受ける必要はなくて食事制限のダイエットをしてインナーマッスルのトレーニングをやればいいんじゃないか??っていうと、

 

それが簡単にできるなら誰も苦労しませんよね?

 

この患者さんが自分で頑張ってくれたのは事実ですが、強い意志力でやりとげたとか、特別な能力の持ち主であったとか、効果のでやすいお得な体質だったということではなくて、

 

脂肪吸引でカッコよくなったのが成功体験になって、自分でもやってみようと決意できたから最後まで頑張れたと言ってくれたんです。

 

1日10分のトレーニングが習慣化すると、毎日やるのは苦痛ではなく当たり前になって、今後も続けていけます。続けていくから良い状態がずっと続きます。

 

やればできるんだと自信が持てると、お腹のぽっこりが治るだけじゃなくて普段の行動も、食事を食べ過ぎないとか、小腹が空いても寝る前はなにも食べないとかに変わります。

 

この患者さんは、細くなる前は水着になってプールに行くとかありえなかったとのことでした。

 

モニター患者さんだから肌の感じが術前術後で変わると、正しい比較写真にならないから日焼けしないでね!!って伝えていたんですが、プールに行ったら焼けましたって(笑)。(術後の肌の色が黒いのは日焼けのせいです)

 

水着になれなかった患者さんがプールに遊びに行けるようにまでなったんだから、ま、いっか。って感じです。

 

このように、お腹のぽっこりを治すのは脂肪吸引だけではなんとかならなくて、うけたあとに患者さんに頑張ってもらう必要があるんですが、より良い結果になるように僕たちもできる限りのサポートをさせていただきます。

 

カウンセリングでは脂肪吸引のことだけじゃなくて、生活習慣で改善すべきことがある場合はどうすればいいかも含めて説明しますので、脂肪吸引を検討している方には脂肪吸引で成功体験をしてさらにキレイなじぶんになっていただきたいと思っています。

 

僕が勤務しているタウン形成外科クリニックでお腹とウエストの脂肪吸引を受ける場合の費用は75万円~190万円(税別)となっております。

 

手術後は腫れや内出血の時期があり、まれなケースではありますが傷跡が目立つ、腫れが長引いて追加治療が必要になるなどのリスクがありますが、ダウンタイムやリスクについても僕からカウンセリングできちんと説明させてもらいますのでまずは気軽にカウンセリングを受けてみてください。

 

ダウンタイムやリスクについては、過去記事で解説しているページがあります。よかったら参考にしてください。

 

www.fujiikazuhisa.com

 

www.fujiikazuhisa.com

 

 カウンセリングでは治療について説明し、どんな質問にも答えますのでなんでも聞いてください。そのため、カウンセリング時間は1時間くらいはかかります。

 

カウンセリングにお越しくださるときはお時間に余裕のある日に予約をお願いします。予約はネットでも可能です。お待ちしています。

www.keisei.ne.jp