美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

ほくろ取りの手術から1年経った結果@郡山

f:id:fujiikazuhisa:20200119113140j:plain


今日は郡山タウン形成外科クリニック勤務でございます。郡山院はJR郡山駅の目の前にあり、駅前の横断歩道を渡ってすぐのところにあります。

 

アクセス情報はこちら。

www.keisei.ne.jp

 

で、東京にお住まいの方は郡山て、めっちゃ遠いやん・・・と感じる方もおられるかもしれませんが、新幹線に乗ると1時間半くらいで着くんです。僕も新幹線で快適に通勤しております。

 

で、美容外科の手術って人生で何回も受けるものではなくて、人によっては一生に1回の治療だったりしますよね。

 

何度も受けるわけではない大事な治療を任せるクリニックを探すのであれば、自宅からいけるところ限定で候補を考えるよりも、遠くても質の高い治療が受けられるクリニックも候補に入れて探したほうが成功率がグンとあがると思いませんか?

 

というわけでお待ちしております。

 

で、本日は1年前にほくろ取りの手術を受けてくれた患者さんが経過観察の診察にお越しくださいました。ブログへの画像掲載を快諾していただけましたので紹介させていただきます。ご協力ありがとうございます。

 

手術前の状態はこちらです。ふくらみがあるのでメイクでカバーしようとしてもしきれなかったでしょうし、顔のうぶ毛を剃るときなどはほくろが邪魔になって剃毛がやりにくかったこともあったと思います。

f:id:fujiikazuhisa:20200119125149j:plain

 

手術はほくろの部分を切除し、髪の毛くらいの細さの糸で傷口を縫合します。今回の患者さんの場合は直径5ミリ大のほくろに対し、5針縫いました。

 

手術後は患部にテープを貼って傷口を保護します。シャワーや洗顔はいつも通りにできますし、テープが貼ってある部分を避ければメイクもいつも通りにしていただいて構いません。

 

ほくろ取りの手術をうけた後の注意点を以下にまとめておきます。

  • 洗顔やシャワーはいつもと同じで大丈夫
  • 抜糸まで傷口にテープを貼る
  • 傷口の消毒はしない
  • 日焼けを避ける
  • 気にして触ったりしない

抜糸は5~7日目におこないます。縫合で使う糸は細いので、患者さんによっては抜糸の日までに糸が自然に取れてしまっていることもありますが問題ありません。

 

抜糸後の傷跡は、はじめのうちは赤い線として見えますが次第にピンク色になり、最終的には白い線となって落ち着いていきます。白い線に落ち着くまでは早い人で3か月、平均で6ヶ月から1年ほどかかりますが、抜糸後はメイクができますので傷跡を気にしている方は実際にはおられません。

 

こちらが1年経過後の現在の状態です。ほくろはなくなり、傷跡もよくみないと確認できない状態になっています。

f:id:fujiikazuhisa:20200119125428j:plain


治療費は直径5ミリ大で7万円(税別)です。治療費はほくろの大きさや状態によって決まりますので、カウンセリング後に説明させていただいています。

カウンセリングは無料です。治療の説明を聞いてから受けるかどうかを決めてくださって構いませんから、ほくろが気になる方はまずは相談に来てみてください。お待ちしております。