美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【患者さんの希望をとことん追求】二重まぶた埋没法の仕上がり画像

f:id:fujiikazuhisa:20210131154342j:plain


こんにちは。

 

今回は、二重まぶた埋没法を受けてくれた患者さんを紹介させていただきます。

 

画像掲載にご協力くださいました患者さんに感謝いたします。ありがとうございます。

 

患者さんは二重まぶた埋没法を希望して当院にお越しくださいました。まずは手術前の画像をごらんください。

f:id:fujiikazuhisa:20210131124515j:plain

 

患者さんは自然な感じの末広型の二重まぶたの治療を糸で止める方法で受けたい、そしてなるべく元に戻る確率が低い方法が希望とのことで、4点止めによる埋没法を行うことになりました。

 

こちらが埋没法の手術から1か月目の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20210131134713j:plain

 

この時、患者さんから結果にはある程度満足しているものの、左右差が気になるとご意見をいただき、左側の再手術を受けたいと希望されました。

 

二重まぶたの手術では、左右差が生じないように細心の注意を払ってデザインをおこない、手術中にも何度も確認しながら治療を進めるのですが、

 

それでも左右のまぶたの皮膚の性質差や、目を開けるときに使う筋肉の強さの左右差、ものを見るときのクセの左右差など、いろいろな要因によって二重まぶたの幅には左右差が出てしまうことがあります。

 

というか、完全に左右対称の二重まぶたは手術でも作れないのが実状です。

 

患者さんにはそのことも説明しましたが、どうしても再手術希望とのことで、左側の再手術を行うことになりました。こちらが再手術から1か月後の結果です。

f:id:fujiikazuhisa:20210131135656j:plain

 

結果は患者さんにご納得、ご満足いただくことができました。よかったです。

 

二重まぶた埋没法は、1年目の美容外科医でもできる簡単な手術ですが、かんたんな手術であっても患者さんの期待に応えられる結果を引き出すのは結構難しくもあります。

 

僕は今までに二重まぶた埋没法だけで1万例以上を担当させていただいてきましたが、1万人の症例数があっても、残念ながら今も全員の患者さんに100%ご満足いただける結果を提供できているわけではありません。

 

というと、『失敗することもあるのか?!』と不安に思った方がおられるかもしれませんが、医学的に問題のない結果でも、患者さんに喜んでもらえていなければ患者さんにとっては失敗といえますから、

 

今回のように患者さんからご要望があって、再手術に伴うリスクや再手術でえられる治療成果の限界をきちんとご理解いただける場合は、患者さんの希望を追求するために再手術を引き受けさせていただいています。

 

しかし、再手術を希望されても診察の結果、治療を行っても患者さんが期待している結果は得られないと判断した場合は、再手術をお引き受けできないケースもあります。

 

当院で手術を受けたものの、納得、ご満足いただけていない場合はできる限りの対応をさせていただきますので、手術から1か月以上経過しているならぜひ診察の予約を入れてください。

 

二重まぶた埋没法の経過は、術後1週間くらいは腫れや内出血(青あざ)が生じ、10~14日間もすれば仕上がるという感じです。リスクは元に戻ることがあることなどです。

 

手術時間は10~20分、手術費用は4点止めの場合12万円です。カウンセリング当日の治療も可能です。

 

タウン形成外科クリニックの医師は全員、二重まぶたの手術は埋没法も切開法もどちらも担当することができます。埋没法しか手掛けられないからとすべての患者さんに埋没法をお勧めしたりすることはなく、

 

患者さんのまぶたの状態を診察してどの方法がいいかを診断して治療法を提案させていただいております。カウンセリングは無料ですので、手術を受ける、受けないはあとで検討していただいて大丈夫ですから、

 

まずはお気軽にご相談にいらしてください。お待ちしております。