美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

二重まぶた切開法をうけて1か月後の傷あと画像

f:id:fujiikazuhisa:20201020132458j:plain


本日も八戸院勤務です。今日は二重まぶた切開法を1か月前に受けてくださった患者さんが、経過観察の診察にきてくれましたので、経過写真を紹介させていただきます。画像掲載の許可をくださった患者さんに感謝です。

 

患者さんは以前に、ほかの美容外科クリニックさんで2回、埋没法による二重まぶたの手術をうけておられます。

 

術後経過に問題はなかったのですが、少し左右差が気になる、日によってラインが出ないときがある、それにより時々テープを使用してラインを作らないといけないときがあり、それが面倒だということで今回、切開法による二重まぶたの手術を考えて来院となりました。

 

こちらが手術前の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20201020113135j:plain

そして1か月目の状態がこちら。

f:id:fujiikazuhisa:20201020113756j:plain

 まだ手術後のむくみが残っていて、二重まぶたのラインの下側が“ぽっこり”出っ張った感じになっていますが、今後数か月でもっと自然に落ち着いていきます。

 

まだ完成状態ではありませんが、患者さんはすでにご満足くださっています。患者さんに喜んでもらえて私たちもうれしいです。ありがとうございます。

 

切開法による二重まぶたの手術は埋没法に比べて、効果が永久で元に戻る心配がまずないという点が大きなメリットですが、埋没法は傷跡が残らないのに対して切開法は、傷跡が残ることがデメリットといえます。

 

そこで今回は、切開法の傷あとの経過写真をご紹介しましょう。まずは手術前の状態です。当然ですが傷跡はまったくありません。

f:id:fujiikazuhisa:20201020114404j:plain

こちらが二重まぶた切開法1か月後の傷あとの状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20201020114512j:plain

切開した部分にややくぼみが生じており、はっきり傷跡とわかる状態ですよね。手術後1か月はだいたいこういう感じです。

 

ただ、この状態が一生つづくかというとそうではなく、数か月後にはよく見ないと目立たない状態になり、年単位ではよく見てもわからないくらいにきれいに落ち着いていきます。

 

とはいえ、切開法1か月目の傷あとって結構目立つんだな・・・と感じた方もおられるかもしれません。

 

でも安心してください。この画像のように、明るいところで目を閉じた状態を第三者に見られるという状況が日常生活でまずありません。

 

実際には、アイプチやアイテープ生活から解放され、これからは二重まぶたのラインが消えてしまう心配もしなくてもすみ、快適な生活をずっと送れる安心感のほうがずっと大きいといえます。

 

二重まぶた切開法の術後経過ははじめの1,2週間は腫れや青あざがでて、希望の二重まぶたより広い幅となり、ほんとうに落ち着く日が来るのか?と不安になることもあるかもしれませんが、今までに腫れやむくみが治らなかった患者さんはひとりもおられませんからご安心ください。

 

傷あとは残るか消えるかでいうと絶対に残るわけですが、目立つか目立たないかでいうとみんな最終的には目立たなくなっていきます。だから傷あとのことも心配しなくても大丈夫ですよ。

 

ただ、埋没法に比べてダウンタイムが長いのは事実ですから、手術後の日々を気楽に過ごすためにも、大事な用事がない時期に切開法を受けることをおすすめします。

 

具体的には、短くても1週間のお休みは必要ですし、できれば2週間のお休みがあればベストです。手術時間は約1時間です。

 

麻酔は局所麻酔でおこないますが、眠った状態で手術を受けたいという方は点滴を用いて眠った状態で手術を受けることも可能です。ご希望の方はカウンセリングの時に僕にご相談ください。(その場合、カウンセリング当日の手術はできず、後日の手術となります)

 

手術費用は二重まぶた切開法の場合25万円ですが、他院さんで埋没法を受けたあとの切開法を行う場合は35万円となります。(料金はともに税別)

 

リスクは傷口が化膿する、腫れが長引くなどがあげられますが、そんなことは非常にレアなケースでふつうはおきないと考えてもらって大丈夫です。

 

カウンセリングは無料ですので、二重まぶたの治療を考えている方はお気軽にご相談にお越しください。お待ちしております。