美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

3点止めによる二重まぶた埋没法@八戸院

f:id:fujiikazuhisa:20201003142520j:plain

本日は八戸院勤務です。画像はクリニックから徒歩7,8分のところにある焼肉屋さんです。おいしいお店です。ひとり焼肉でございます。

 

今日は、1か月前に二重まぶた埋没法を受けてくださった患者さんが1か月検診の診察にお越しくださいました。ブログへの画像提供の許可もいただけました。ありがとうございます。

 

患者さんは長年、アイプチを使ってこられたとのことで、上まぶたの皮膚にはかぶれがありました。こちらが手術前の状態。

f:id:fujiikazuhisa:20201003142956j:plain

 

アイプチやアイテープを長年使ってきたことで生じたかぶれは、今後アイプチやテープを使わなくなくことで自然に治っていきます。

 

完全に健康な皮膚を取り戻すまでは半年くらいの月日が必要になることが多いといえますが、埋没法後はアイプチやアイテープのわずらわしさから解放されますので、腫れが引けば快適な日々を実感できるようになります。

 

埋没法を受けた後は、術後1週間の腫れやむくみ、ときおり内出血が出ることもあります。その後はさらに落ち着いていき、10日から14日以内にほぼ仕上がりの状態になります。

 

そして1か月後には、誰でも完成状態に落ち着いています。今回の患者さんの1か月後はこんな感じでした。

f:id:fujiikazuhisa:20201003143555j:plain

 

結果にご満足いただくことができ、私たちもうれしいです。ありがとうございました。

 

埋没法の弱点は、元に戻る可能性があることで、元に戻ってしまった場合は再手術を受けても元に戻ることが多く、切開法でやり直すことをおすすめします。

 

切開法は埋没法に比べて腫れが大きく、気軽に受けられるとは言えませんが、元に戻る心配がないので永久的な二重まぶたを手に入れることができます。

 

とはいえ、いきなり切開法でうけるのはちょっと・・・という方も多いので、まずは埋没法をうけたいという患者さんのほうが多いのが現状です。

 

今回の患者さんは3点止めによる埋没法をお受けになりました。費用は12万円(税別)です。

 

僕がさせていただいている埋没法には、2点止め、3点止め、4点止めがあり、それぞれ特長があります。

 

どの方法が向いているかは実際に診察させていただいて、ベストの方法を提案させていただきますので、お気軽にカウンセリングにお越しになってみてください。カウンセリングは無料です。

 

当院は完全予約制とさせていただいておりますので、お越しくださる際はお電話またはネットから予約をいただけますでしょうか。お待ちしております。