美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

切開法による広めの二重まぶた@八戸院

f:id:fujiikazuhisa:20200830221304j:plain


今日は八戸院勤務でした。本日もたくさんの患者さんにお越しいただきましてありがとうございました。

 

今回は二重まぶた切開法を受けてくださった患者さんが1か月検診の診察に来てくれました。術前術後画像のブログ掲載の許可をいただけましたので紹介させていただきます。ご協力ありがとうございます。

 

患者さんのご希望は広めの二重まぶたでした。切開法による二重まぶたの手術は、元に戻る心配がなく永久的な効果が得られるため、患者さん満足度がとても高い治療メニューのひとつですが、

 

切開法によって得られた二重まぶたは元に戻すことが難しいことも意味します。したがって、二重まぶたの幅の設定はより慎重に行う必要があるということでもあります。

 

当院には他院でうけた二重まぶたの手術後の修正手術を希望してご来院くださる患者さんも多く、修正手術はとても難易度が高い治療なので初回の手術で成功させることの重要性はしっかりわかっているつもりです。

 

ですので、広めの幅を希望される患者さんには、ほんとうにその幅でいいのか、患者さんが本当に求めている結果はどういうものかをカウンセリングでじっくり話し合うようにしています。

 

今回の患者さんもカウンセリングでよく話し合い、手術を行うことになりました。こちらが手術前の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20200830213525j:plain

 

二重まぶたの幅は、広ければ広いほど目がパッチリ見えるようになるわけではなく、自然な仕上がりにするには幅の限度があります。今後二重まぶたの治療を検討している方には、このことをご理解いただきたいと思います。

 

あまり広い幅にすると、パッチリよりむしろ眠そうな目になったり、“いかにも整形しました”という感じの不自然な見た目になってしまうので注意が必要です。

 

その点は私たちは専門家ですので、カウンセリング時にアドバイスさせていただくのでご安心ください。

 

今回の患者さんはカウンセリング時に要望を教えていただき、メリットデメリットをご理解いただいたうえで切開法による手術を行いました。こちらが1か月目の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20200830214252j:plain

 

毎日のアイプチのわずらわしさがなくなった、メイクが楽になったとご満足いただくことができました。患者さんに喜んでもらえて僕たちもうれしいです。ありがとうございました。

 

切開法による二重まぶたのメリットは、永久的な二重まぶたを手に入れることができること、元に戻ってしまう心配がまずないという点です。

 

反対にデメリットは、元に戻すことができない、ダウンタイムが長い、傷跡が残ることといえます。

 

ただ、切開法を希望される患者さんは元に戻ってほしくないから切開法を受けるのであり、元に戻すことは考えておられないこと、ダウンタイムが埋没法より長いと言っても必ず仕上がりの時がやってくること、傷跡が残ると言っても最終的には傷跡は目立たなくなるので、これを受け入れられる患者さんには切開法はとても良い治療法です。

 

切開法の場合、術後1~2週間は程度に個人差がありますが、腫れや青あざが出ます。傷口を縫合しているので術後1週間後に抜糸のための通院が必要です。ですので、学校や仕事を1週間は休めるときに治療を受ける必要があります。

 

費用は麻酔代や薬代こみで両目で25万円(税別)となっております。術後の診察にも費用はかかりません。手術時間は約1時間。メイクは抜糸後から可能です。

 

二重まぶたの手術にはプチ整形と呼ばれている埋没法(まいぼつほう)と切開法があり、どちらが向いているかは患者さんの希望やまぶたの状態によって適応が決まります。

 

自分に向いているのはどちらの方法か、満足できる方法はどちらかはカウンセリングできちんと説明させていただいています。カウンセリングは無料ですので、二重まぶたの治療をお考えの方はお気軽にカウンセリングにお越しください。お待ちしております。