美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

『これでいいのだ』的な二重まぶた埋没法@八戸院

f:id:fujiikazuhisa:20200720095340j:plain


本日と明日はいわき院勤務です。昨日の八戸院勤務のあと、新幹線とバスを乗り継いでいわきまで移動してまいりました。

 

画像は八戸駅前のクリニックの看板です。八戸駅からクリニックまではタクシーで20分で料金は2000円ちょっとです。『十三日町(じゅうさんにちまち)のドトールコーヒーまで』と言えばクリニックのビルまで行くことができます。

 

東京から新幹線で3時間弱。クリニック近くにはキレイな部屋なのに1泊1万円以下のホテルがいくつもありますので、遠方からの患者さんも快適に過ごしていただくことができます。

 

『遠かったけど八戸まで行ってよかったな~』と感じてもらえる治療を私たちは提供させていただきます。ご来院をお待ちしております。

 

で、昨日の八戸院勤務では二重まぶた埋没法を受けてくれた患者さんが1か月検診に来てくれました。ブログへの画像掲載もOKしてくださいました。ご協力ありがとうございます。

 

埋没法は糸で止める二重まぶたの手術で、メスを使わないのでプチ整形ともいわれています。手術時間は10~20分でおわり、術後の腫れも1週間程度で落ち着くので切開法に比べると気軽に受けられるといえます。

 

そのかわり、元に戻ることがあるのが弱点で、再手術を受けてもまた元に戻ることが多いため、その時は切開法でやり直すことを検討していただく必要があります。

 

今回の患者さんが受けてくださった埋没法は4点止め。費用は12万円(税別)です。どんな感じの二重まぶたにするかをいっしょに決めるとき、患者さんは広めの幅を希望されました。

 

その幅が僕には不自然な感じに見えましたので、広すぎるのではないか?もっと自然な幅にしたほうがいいのでは?と提案させていただいたのですが、メイクをするとちょうどよい感じになるので、広めの幅がいいとおっしゃいました。

 

手術開始まで、ほんとうにその幅でいいんですか?と確認しましたが患者さんの決意は固く、患者さんのご指定通りの幅で手術を行うことになりました。こちらが手術前の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20200719141755j:plain

そしてこちらが1か月後の仕上がりの状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20200719141835j:plain

 

結果に満足してくださっていたので僕はホッとしましたが、患者さんは幅の広さの心配は手術前からされていない様子でした。

 

医師のアドバイスと自分の意見が異なるときは、医師の助言を聞いても自分の考えが変わらないなら、自分の意見を通すほうが納得のいく良い結果になるということでもあります。

 

美しさは答えがひとつではありません。自分が治療をうけて満足できることがいちばん大事ですから、専門家の言うことだからと鵜呑みにせず、じぶんの希望を医師に伝えて医師から説明を受け、どうするかの結論を出すようにしてください。

 

そしてその時、考えがまとまらない、結論を出せないならば、その日は治療をうけずにいったん持ち帰ってよく考えてから決めるのがいいと思います。

 

今回の患者さんの場合はどういう二重まぶたになりたいかの希望がはっきりしていたので患者さんの要望を優先して治療をおこない、結果は大成功となりました。

 

今後はアイテープ生活から解放されてさらにおしゃれを楽しんで過ごしていただきたいです。当院を選んでくださってほんとうにありがとうございました。