美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

切ってもいいなら二重まぶたは絶対に切開法がおすすめ@八戸

f:id:fujiikazuhisa:20200701150638j:plain


今日から4日間、八戸院勤務でございます。たくさんのご予約をいただいており、予約が取りにくい状況で申し訳ありません。

 

予約制にもかかわらずお待たせしてしまうことがあるかもしれませんが、時間がないからとさっさと仕事をさばくような対応ではなく、ひとりひとりの患者さんに安心、満足していただけるようみんなで頑張りますのでご理解いただければと思います。

 

今回は、二重まぶた切開法を受けてくださった患者さんの術前と1か月目の状態を紹介させていただきます。画像掲載のご協力、ありがとうございます。

 

二重まぶたの手術は美容外科クリニックで行われている手術の中でいちばん多い治療です。その中でも埋没法はプチ整形と言われていて気軽に受けられる美容医療となっています。

 

ただ、気軽に受けられるぶん、せっかく手術を受けても元に戻ることもあり、永久的な効果でないこともあるのが弱点です。

 

切開法は術後の腫れや青あざ、むくみが埋没法よりも強く出ますし、埋没法より費用も高いので、気軽に受けられる手術というわけにはいきませんが、効果面でいうと『一生もの』であり、とても価値の高い治療であると僕は考えています。

 

では治療前の状態の画像をどうぞ。

f:id:fujiikazuhisa:20200701143031j:plain

 

患者さんは元々奥二重ですがアイプチでラインを作っておられました。今回二重まぶたの手術を希望され、『幅が広すぎにならないようにして平行型にしたい』というご要望でした。切開法でもよいとのことでしたので、埋没法ではなく切開法をおすすめしました。

 

こちらが1か月後の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20200701143334j:plain

 

まだむくみが残っていて、少し腫れぼったく見えますが、現時点でも形と幅にはとても満足してくださっています。今後さらに仕上がりに落ち着いていけばもっとご満足いただけると思います。

 

切開法は『一生もの』の治療でたいへん価値が高いと申しましたが、ダウンタイムが大変なこともあるので、手術前に治療内容についてきちんと理解しておく必要があります。切開法の基本的なことを以下にまとめましたので参考になさってください。

 

  • 腫れや青あざは1,2週間
  • 抜糸まではまぶたに糸がついている
  • ある程度落ち着くまでは1か月くらいかかる
  • 完成と言えるまでは3ヶ月~6か月くらいかかる
  • 傷跡ははじめは赤く、その後数か月かけて薄くなっていく
  • 元に戻ることはまずないが、そのかわりに修正手術もすごく難しい
  • リスクは腫れが長引く、傷跡が残ることがあげられます

タウン形成外科クリニックで二重まぶた切開法を受ける場合、料金は25万円(税別)となっております。たるみがある場合や上まぶたの脂肪を取る場合は別途料金がかかりますので、カウンセリング後に正確な料金を説明いたします。

 

二重まぶた切開法は患者さんの満足度が高いのですが、“メスを入れる”治療ですからご不安も大きいと思うんですよね。その不安を解決するのがカウンセリングです。カウンセリングは無料ですので、まずはご相談にいらしてください。

 

当院は完全予約制とさせていただいておりますので、お越しくださる際はお電話またはネットから予約をお願いいたします。カウンセリングでは治療内容の説明だけでなく、どんな感じの二重まぶたになるかのシミュレーションも行いますのでご期待ください。

 

みなさまのご予約、お待ちしております。

www.keisei.ne.jp