美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【ぱっちり二重まぶた】親子でうける埋没法@八戸

f:id:fujiikazuhisa:20200615151909j:plain


今日は八戸院勤務です。本日もたくさんのご予約をいただいております。ありがとうございます。

 

今日は1か月前に二重まぶた埋没法を受けてくださった患者さんが1か月目の経過観察の診察にお越しくださいました。

 

1か月前、お母様とお嬢様のお二人でカウンセリングをうけていただき、カウンセリング後に手術を担当させていただきました。

 

カウンセリングでは埋没法のデメリット(元に戻ることがあること)についても説明し、元に戻った場合は再手術を繰り返さずに切開法を受けるほうがいいことも話させていただきました。

 

埋没法にはいくつか方法があります。まぶたの皮膚に糸で何点固定するかで2点式、3点式、4点式があります。

 

腫れの少なさを重視するなら2点式、元に戻りにくいことを重視するなら4点式が良いと言えます。3点式はその中間といった感じでしょうか。

 

今回の患者さんは元への戻りにくさを重視されてお母様、お嬢様ともに4点式を希望されました。4点式は術後1週間までの腫れの程度は2点式より強く出ますが、二重まぶたを長持ちさせる効果でいうと安心の方法です。

 

術後の腫れの期間は1週間程度、2週間もあればほぼ完成に近い状態にまで落ち着きますが、完全な仕上がりといえるのは1か月待ったほうがいいとお考え下さい。

 

腫れやむくみが残っている期間は目ヤニが出やすい、ゴロゴロ感があるなどの違和感がでることがありますが異常ではありません。

 

また、手術後2か月間はまぶたを強くこするような動作は避けることが必要ですから、マツエクなども術後2か月後以降から可能になります。

 

では、手術前と手術後の状態を画像で紹介させていただきます。まずはお母様から。こちらは手術前の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20200615162711j:plain

1か月目の状態がこちら。ご満足いただくことができました。

f:id:fujiikazuhisa:20200615162752j:plain

 

 

次にお嬢様です。手術前の状態はこちら。左右で目の見開き具合に左右差がありましたので、二重幅を調整することでなるべく左右差をなくすようにしました。

f:id:fujiikazuhisa:20200615163129j:plain

 

1か月目の状態。完全な左右対称にはできませんが、手術前よりも左右差が縮まりました。ご満足いただくことができてうれしいです。

f:id:fujiikazuhisa:20200615163239j:plain

 

埋没法の手術時間は10~20分。局所麻酔で受けられる簡単な手術ですが、不安感が強く、どうしても眠っている間に手術をやってほしいという方は静脈麻酔で手術を受けることも可能です。

 

静脈麻酔で手術を受ける場合は手術前の注意事項が局所麻酔で受ける場合と異なりますので、カウンセリング当日に手術を受けることはできませんが、患者さんがうけたい治療を受けられるように配慮しますので、まずは僕の勤務日にカウンセリングを受けに来てください。

 

なお、4点式の埋没法を受けるときの費用は12万円(保証なし)、16万円(保証あり)ともに税別となっております。静脈麻酔を併用する場合は別途費用がかかります。

 

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談にお越しください。当院は完全予約制となっていますので、お越しくださる際はお手数ですがお電話またはネットから予約をお願いいたします。

www.keisei.ne.jp

 

今月の僕の八戸院勤務日は、16、18、20,21、27、28、29、30日となっております。お待ちしております。