美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【医師が教える】かんたん!太ももを細くする方法

f:id:fujiikazuhisa:20191116152506j:plain

脚痩せ専門のエステがあるくらいですから、足を細くしたい、太ももを細くしたいと思っている女性はたくさんいるということだと思います。

 

太ももの部分痩せに脂肪吸引は良い方法ですが、手術レベルの細さじゃなくてもいいから、今よりちょっとでもマシになればいいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、みなさんが自宅で簡単にできる『太ももを細くする方法』を紹介させていただきたいと思います。

 

『太ももを細くする方法』は以下の条件を満たすものとしました。

  1. ひとりでできる
  2. やり方が簡単
  3. つらくない
  4. お金がほとんどかからない
  5. 即効性がある

ただしこの方法には以下の欠点もあります。

  1. 大きな変化は得られない
  2. 効果の持続時間が短い

したがって、イベントの日に今より少しでも細く見せるための応急処置的な方法と割り切ってください。やり方は簡単なので誰にでもできます。では『太ももを細くする方法』、さっそく説明します。

 

1.マッサージ

女性は男性に比べて足の筋肉量が少ないので、下半身の血行不良に陥りやすく、むくみやすいと言えます。むくみがあると足が太く見えるので、マッサージで下半身のむくみ成分を押し流して足を細くします。

 

いつやる?

 

イベント前日の寝る前がベストです。マッサージでむくみ成分を押し流したあとに、さらに弾性ストッキングで圧迫することで細足をキープします。

 

どのくらいやればいい?

 

マッサージ時間は30~40分以内でおわるようにしましょう。短時間のマッサージではむくみを押し流すことができませんし、反対に長時間がんばり過ぎると無意識のうちに点状の内出血や青あざができてしまうほどの強さでマッサージをしてしまい、見た目が台無しになるリスクがあるからです。

 

どうやってやればいいの?

 

やり方は、重力によって下にたまったむくみ成分を押し流すように『下から上に、下から上に』マッサージをします。滑りをよくするためにマッサージクリームや保湿クリームを使うと良いでしょう。

 

ベッドやソファの上で足を伸ばした状態で、順序は足裏→足首→ふくらはぎ→ひざ裏までを連続的にマッサージしていきます。

f:id:fujiikazuhisa:20191119173603j:plain

 

皮膚から血管が青く浮いて見えるタイプの方は、血管の上に指の腹をおき、血管の走行に沿ってつま先からひざ裏の方向に血管内の血液を心臓まで押し戻すつもりでマッサージしてください

 

マッサージの強さは、“イタ気持ちいい”程度の強さにします。痛みを強く感じた時はそこでいったん手をとめて、痛みを感じた部分の少し下からもう一度上に向かって押し流すようにマッサージします。

 

足裏からひざ裏までのマッサージを左を5回やったら次に右を5回やりましょう。(足首やひざ裏などの近くで痛みを感じる人が多いようですが、痛みがあっても異常ではないので心配いりません)

 

ひざ裏までのマッサージが終わったら、次はひざ裏から足のつけ根までのマッサージを行います。画像のように太もも全周に手をまわしてひざ裏から足のつけ根までをゆっくりでいいので途中で手を離さないで連続的に押し流すようにマッサージします。

f:id:fujiikazuhisa:20191119180646j:plain

足裏からひざ裏までのマッサージの時と同様、左右5回ずつ繰り返しましょう。これでマッサージはおわりです。時間を計ってみて30分もやっていないようなら、30分経過するまで追加で数セット繰り返してください。

 

2.弾性ストッキング

マッサージ後は、できるだけ早く弾性ストッキングを着用します。

 

弾性ストッキングには様々な種類があり、なんでもよいわけではありません。圧迫力が強すぎると血流が悪くなって余計にむくんでしまいますし、圧迫力が弱いとストッキングを使う意味がありません。

 

僕がお勧めするのはリムフィックス社のレックスフィットです。この商品は太ももの脂肪吸引後の患者さんの圧迫下着としても採用されている優れた製品です。圧迫力がちょうどよく、耐久性も高いので長く使えます。

 

アマゾンからも買えますのでよかったら参考にしてください。

 

 イベント当日にストッキングをはいて行けるなら、着用したまま、お出かけするほうがいいです。無理な場合は外出直前ギリギリにストッキングは脱ぐようにします。

 

3.前日は足を高くして寝る

イベント前日は足用のまくらをつかってつま先を高くして寝てください。つま先を高くして寝ることによってむくみ成分を心臓に送り返しやすくなり、むくみの発生をやわらげます。

 

足用の枕はなんでもかまいません。タオルケットを丸めたもので高さを出して使ってもいいですし決まったものはありませんが、どういうものを使えばいいかわからない方はアマゾンで買えますのでこちらをどうぞ。

王様の足枕 レッド W50×D16×H12-16cm

王様の足枕 レッド W50×D16×H12-16cm

 

 

 4.前日は塩分の多い食べ物、飲酒を控える

 

イベント前日はむくみの原因となる塩分を多く含む食べ物やアルコールの摂取は控えてください。

 

塩分の多い食べものを摂取すると体が塩分を薄めようと多くの水分を体内に溜めこむため、全身にむくみが出やすくなります。

 

ここで注意してほしいのは、むくみが嫌だからと必要以上に水分制限をしてしまうことです。過度な水分制限は健康にも美容にもよくありません。

 

塩分やアルコールを摂取しなくても私たちは毎日1.5リットルくらいの水分は体に必要です。いつも通りに水分をとるようにしましょう。

 

まとめ

 

『太ももを細くする方法』を紹介させていただきました。この方法は、ちょっとでもいいから太ももを細く見せたいと希望する方が応急処置的にイベントの前日におこなうための方法です。

 

劇的に太ももが細くなるということはありませんが、かといって何もしなければ今と何も変わりません。ぜひ試してみてください。

 

では最後に、『太ももを細くする方法』のまとめを以下に示して終わりとします。

 

  1. イベント前日は塩分、飲酒を控える
  2. 足裏から足のつけ根までを30~40分かけて眠前にマッサージする
  3. マッサージ後すぐに、弾性ストッキングを着用する
  4. 足まくらを使って足を高くして寝る
  5. 可能なら弾性ストッキングを着用したままイベントに参加する、無理なら外出直前まで着用する