美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【二重まぶたの手術】糸でとめる?それとも切る?

f:id:fujiikazuhisa:20191027213637j:plain

今回は、二重まぶた切開法をうけてくれたモニター患者さんを紹介させていただきます。患者さんは長年アイプチを使って二重まぶたを作っていたのですが、アイプチ生活を卒業したいとクリニックに相談にきてくれました。

 

二重まぶたの手術には糸で止める埋没法(まいぼつほう)と切開法があります。埋没法と切開法では、ダウンタイムの軽い埋没法でうける患者さんのほうが多いのですが、今回の患者さんは切開法を希望して来院されました。

 

どうして埋没法でなく切開法をうけたいのか聞いてみると、元に戻る心配のない方法がいいと思ったからとのこと。患者さんのおっしゃる通り、切開法は永久的な二重まぶたを希望している人にはとても良い方法です。

 

埋没法と切開法にはそれぞれ特徴があり、どちらにもメリットとデメリットがあります。どちらの方法が向いているかは担当医に自分の希望を伝えて医師とよく話し合って決めるようにしてください。

 

患者さんのご希望は末広型の奥二重になりたいというものでした。上まぶたの皮膚にたるみはないので皮膚切除は不要、余分な脂肪もないので脂肪を取る必要もないと診断しました。こちらが手術前の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20191027172523j:plain

切開法術前

 永久的な奥二重を手に入れたいと考えて切開法をえらんだ患者さんに、カウンセリングで僕からは以下のことを説明しました。

 

①埋没法に比べて切開法は腫れが大きく、内出血が出ることもある

②腫れや内出血がひくまでは個人差があるけど1~2週間の日数がかかる

③腫れ、内出血がひけば不自然な感じではないけれど、むくみが残っている

④むくみが残っている期間は希望より幅広い二重まぶたに感じる

⑤むくみがひくのは早い人で1ヶ月、遅いと3か月くらいかかることもある

⑥切開法は傷跡が残る。傷跡が完全に消えることはないけれど目立たなくなる

⑦眉毛の高さに左右差があるので手術後も二重まぶたの形に左右差が残る

⑧左右差が残るといっても不自然になるわけではないので安心してほしい

⑨1週間後に抜糸のための通院が必要

⑩抜糸の日はまだ腫れがあるだろうから失敗ではないか?と思うかもしれない

⑪だけどそれは失敗ではなくて経過中の一時的な症状だから大丈夫

⑫1ヶ月後に経過観察のための通院がある

⑬1ヶ月経過してなくても心配なことがあればいつでも診察はうけられる

⑭仕上がりまでに時間がかかるかわりに永久的な二重まぶたを手に入れることができる

 

そして1ヶ月経過した状態がこちらです。患者さんの希望は末広型の奥二重でしたが、むくみのせいで希望より広い二重まぶたになっています。左右差もありますし、二重まぶたのラインより下が腫れぼったくみえています。

f:id:fujiikazuhisa:20191027211912j:plain

切開法1ヶ月後

切開法の場合、術後1ヶ月はまだ完成ではありません。むくみが完全にひいて仕上がりと言える状態になるまでにはここから早くても2ヶ月の期間を要します。

 

ということは、完成するまで不安な気持ちのまま過ごさなければいけないのか?というとそうではなくて、メイクをすれば手術後早期でも大丈夫な状態になっていること、毎朝アイプチをする生活から解放されて楽に過ごせるようになることから、実際にはほとんどの患者さんは手術後2週間目でも満足してくれています。今回の患者さんもそうでした。

 

そして完成した状態がこちらです。手術後3か月目には今の状態になっていたと教えてくれました。結果にとても満足してくれていて僕も大変うれしいです。

f:id:fujiikazuhisa:20191123123128j:plain

 

そして、切開法といえば気になるのが傷跡ですよね。こちらが傷跡の状態です。どうでしょうか?ほとんどわからない状態になっています。

f:id:fujiikazuhisa:20191123123322j:plain

 

もう1回、ビフォーアフターをご覧いただきましょう。こちらがビフォーで、

f:id:fujiikazuhisa:20191027172523j:plain

今ではこんな感じになられています!大成功でございます。ちなみに、涙袋も素晴らしいですが、こちらは患者さんの生まれつきでございます。

f:id:fujiikazuhisa:20191123123128j:plain

 

 埋没法より仕上がりまでの時間が長くかかるけれど永久的な二重まぶたが手に入る切開法か、切開法より気軽にうけられる埋没法のどちらが良いかは患者さんの希望とまぶたの状態で決まります。

 

いい治療をうけるために、じぶんの希望を担当医に伝えて治療のメリットとデメリットの説明をきちんと受けた上でどちらを選ぶかを判断してください。

 

切開法は一生ものの二重まぶたになれる治療法ではありますが、もし結果に満足できなかった場合、修正手術は難易度がとても高く、再手術で結果を出してくれるのはごく少数の限られたクリニックであるのが現状です。そのため、1回で成功できるようにクリニックと医師選びは慎重に検討するようにしてください。

 

今回の患者さんが受けてくださった二重まぶた切開法の費用はタウン形成外科クリニックの場合、25万円(税別)です。費用には麻酔代や薬代、術後の診察費用がすべて含まれており、ほかに必要な料金はありません。

 

タウン形成外科クリニックは予約制となっております。お越しくださる際はお手数ですが予約をお願いします。ネット予約もできますので、お気軽にカウンセリングにお越しください。お待ちしています。

www.keisei.ne.jp