美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

『ハズレ医者純情派』っていう話

昨日と今日はオフ日でしたので、昨晩は自炊をしました。

 

何を作るか考えられるほど作れるメニューがないので、スーパーに行ってから考えればいいと昼過ぎに部屋を出たものの、

 

その時すでにお腹が空いており、お腹が空いている時って買わなくていいものを買ってしまうであろうから、まずは軽くご飯を食べてからスーパーに行ったほうがいいと考えました。

 

まずはワイン。なんでやねん!

f:id:fujiikazuhisa:20200108202106j:plain

 

サラダ。軽いです。これはOKです。

f:id:fujiikazuhisa:20200109143207j:plain

しかしこれだけではまったく空腹は癒されませんでしたので、お肉。

f:id:fujiikazuhisa:20200109143305j:plain

この時点でまあまあ満足だったんですけど、このあとスーパーに行っても自分が作れるものってしれてるし、せっかくレストランに来たんやからとパスタ。いっときました。

f:id:fujiikazuhisa:20200109143442j:plain

で、晩ごはんは何を作るか考えたんですけど、スマホで作り方がすぐにわかって調味料とか色々そろえなくていいものってことで、ハンバーグを作ることにしました。買ったのは玉ねぎとミンチ肉です。

f:id:fujiikazuhisa:20200109143817j:plain

みじん切りにして

f:id:fujiikazuhisa:20200109143849j:plain

炒めます。

f:id:fujiikazuhisa:20200109143930j:plain

色がつくまで炒めると書いてありましたが、こんな色でいいのか不安になりましたが、今さら言っても遅いわけでして、

f:id:fujiikazuhisa:20200109144103j:plain

ミンチ肉と塩とか砂糖とか牛乳とかを混ぜました。

f:id:fujiikazuhisa:20200109144224j:plain

ハンバーグが6個できましたが、足りなかったかもとちょっと不安に。

f:id:fujiikazuhisa:20200109144335j:plain

順に焼いていきました。

f:id:fujiikazuhisa:20200109144411j:plain

そしてできたのがこちらです。

f:id:fujiikazuhisa:20200109144440j:plain

食べてみたんですけど、めちゃくちゃおいしかったです。量的にはやっぱり足りませんでした。今度はミンチ肉700g買います。

 

で、味はまじ、店でだせるレベル。作り方はこちら。

www.sirogohan.com

 

で、店で出せるレベルのおいしさと先ほど言いましたが、それはお客さんが僕一人だったらって話なんですよね。

 

お客さんにはいろいろな人がいて、好みだってみんな違うわけじゃないすか。100人のお客さんがいて100人みんなを満足させるのがプロであって、僕なんかは自分しか満足させてないんだから、店で出せるレベルのものを作れるわけがないんです。

 

10000時間の法則ってありますよね。なにかのスキルを身に着けるためには10000時間かかるとかいうやつです。

 

1日8時間勤務でも、そのうちすごく集中して取り組んでいるのは5時間くらいのものじゃないでしょうか?

 

そう考えると10000時間取り組むのに必要な日数は10000÷5=2000日。

 

年間100日休日があるとすると1年間の勤務日数は260日だから、2000日働くには8年弱かかる計算になります。

 

8年くらい頑張ればプロと呼べるレベルに達することができるってことになりますが、美容外科医の世界でいうとだいたい当たってると僕は思います。

 

もちろん、ひとによって能力には差があるので、もっと短い時間で1人前になれる人もいればもっと長い時間を必要とする人もいるでしょうが、

 

みなさんが美容外科の医師選びをするときは、美容外科医歴8年以上を目安にすれば、ハズレはひかなくてすむと言えるのではないでしょうか?

 

え?ぼくですか?美容外科医歴20年のハズレ医者ですがなにか??