美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【目の下のクマを治す方法】切る?切らない?

f:id:fujiikazuhisa:20200202223108j:plain


今回は下まぶたのクマを治す手術を受けてくれた患者さんの1か月後を紹介させていただきます。

 

モニター患者さんではないのですが、ブログへの画像掲載に協力していただけることになりました。ありがとうございます。

 

下まぶたのクマが気になる場合、クマの原因が脂肪のふくらみであるなら余分な脂肪を取り除く治療をおこなう必要があります。

 

下まぶたの脂肪取りを行う方法には、皮膚を切る方法と切らない方法があります。

 

皮膚を切らない方法は『経結膜脱脂』とよばれていまして、“あかんべー”をした時の赤い部分(結膜)から余分な脂肪を取るので皮膚を切る必要がなく、抜糸もないので患者さんとしては経結膜脱脂を希望する人が多いんです。

 

しかし、経結膜脱脂を行うには以下の条件にあてはまっている必要があります。

  • 下まぶたの皮膚にたるみがない人
  • 下まぶたの皮膚に十分な弾力がある人
  • 下まぶたにしわができてもいいから絶対に切りたくない人

経結膜脱脂は手術そのものは難しくありませんので、1年目の美容外科医でも手術は可能です。だからどこの美容外科クリニックでも受けることができます。

 

しかし、経結膜脱脂の適応をきちんと見極めないと、目の下のクマはなくなったけれど下まぶたにしわができてしまった・・・ということが起こりえます。

 

今回の患者さんの手術前の状態がこちらです。目の下のクマの状態がわかりやすいように上目遣いの角度で撮影してあります。写真を見ると、脂肪によるふくらみが確認できます。

f:id:fujiikazuhisa:20200202215233j:plain

 

正面から見た状態がこちらです。

f:id:fujiikazuhisa:20200202215300j:plain

 

正面から撮影した画像を見ると、下まぶたの皮膚にたるみは特にないのがわかります。だから皮膚を切らないで経結膜脱脂で大丈夫のように見えるのですが、下まぶたの皮膚に十分な弾力がない状態でした。

 

クマの原因になっている脂肪だけを取ると手術後に皮膚が余った状態になってしまい、元々たるみなどなかったのに手術後にたるみが出てしわができてしまうことが予想されました。

 

したがって、僕からはクマの原因である脂肪を取る時に、脂肪を取ったせいで皮膚が余ってくるから、余った皮膚を切り取る手術を併用すべきだと患者さんに提案しました。

 

誰だって切る手術は受けたくないですよね。その気持ちはよくわかるんです。でも、せっかく治療を受けて気にしていたことがなくなったのに、今度は別のことが気になるようになるんだとしたら、それって治療をうける意味がないのではないでしょうか?

 

今回の患者さんは僕の説明をきちんとご理解くださって、脂肪取りとたるみ取りの手術を受けてくださることになりました。つまり、皮膚を切る方法で行いました。

 

みなさんが皮膚を切る手術をうけるのに抵抗があるのは、傷跡のことが心配だからではないでしょうか?

 

この手術では、下まつげの生え際を切開して余分な脂肪を取り除き、余りの皮膚を切除しますので、傷跡は下まつ毛ギリギリのところにできることになります。

 

この傷跡が完全に消えてなくなることはありませんが、美容外科手術の傷跡は、時間がたてばほとんどわかならいくらいにキレイに治るのが普通です。

 

では、今回の患者さんがどうなったかをご覧ください。こちらは手術前の下まぶたにクマが見える状態。

f:id:fujiikazuhisa:20200202215233j:plain

1か月後です。クマはなくなっています。

f:id:fujiikazuhisa:20200202220624j:plain

 

正面から見てみましょう。こちらが手術前。

f:id:fujiikazuhisa:20200202220701j:plain

1か月後です。傷跡はほとんどわからない状態になっていますし、余分な皮膚がとれたおかげで下まぶたの肌にハリが出るようになりました。

f:id:fujiikazuhisa:20200202220725j:plain

 

 1か月目の検診の際、患者さんはとても喜んでくださっていました。担当医になる機会を僕にくださったことに感謝します。

 

この手術は局所麻酔のみで受けることができ、手術時間は60~90分です。1週間後に抜糸にお越しいただき、抜糸の翌日から通常通りメイクが可能です。

 

1週間後の抜糸までは下まつ毛の生え際にまつ毛と同じくらいの細さの糸がついていますし、傷口周囲はメイクはできませんので、1週間は大事な用事がないときに手術日を検討していただく必要があります。

 

リスクとしては外反(がいはん)といって、下まぶたの皮膚にひきつれが生じる可能性があげられますが、よほどのことがない限り外反は起きませんし、私たちも外反が起きないように治療を行いますから、きわめてまれに起こりうるリスクとお考えください。

 

顔は血流が良い部分ですから、傷跡はほとんどわかならないくらいにキレイに治りますが、血流が良いので手術後に下まぶたに青あざができることもあります。

 

青あざは1週間から2週間で完全に消えてなくなりますし、青あざが残ったまま仕上がるということはありえませんので、一時的な症状のひとつとご理解ください。

 

治療費はタウン形成外科クリニックの場合、30~50万円(税別)となっており、1週間後の抜糸や経過観察の診察の時にほかに費用がかかるということもありません。薬代や麻酔代もすべて含まれています。

 

手術方法はカウンセリングを受けていただければ、脂肪だけを取る方法(切らない方法)が向いているか、切る方法が向いているかを診断させていただけます。

 

目の下にクマがあると、『疲れているように見える』『機嫌が悪いように見られる』『老けて見える』こともあり、気にしている人がたくさんおられます。

 

目の下のクマの原因には、脂肪のふくらみだけでなく、血行不良による色素沈着や凹みが原因になっていることもり、手術をすればどんなケースでも治せるわけではないのですが、治療可能かどうかを判断するためにもまずはカウンセリングをお受けになってみてください。

 

カウンセリングも予約制です。ネットからも予約可能ですのでお気軽にどうぞ。お待ちしております。

www.keisei.ne.jp