美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【1か月後にはスッキリ!】下まぶたのたるみ取り治療@青森

f:id:fujiikazuhisa:20200201100248j:plain

今日は青森タウン形成外科クリニック勤務でございます。

 

で、本日は1か月前に手術をうけてくれた患者さんが経過観察の診察にお越しくださいました。

 

患者さんはモニター患者さんではありませんが画像掲載の許可をくださいました。ありがとうございます。担当させていただいた治療は下まぶたのたるみ取りでした。

 

こちらが手術前の状態です。

f:id:fujiikazuhisa:20200201162407j:plain

 下まぶたは皮膚がやわらかくて薄いため、狭いエリアにもかかわらず、たるみやしわが目立ちやすい部分です。

 

下まぶたの皮膚の弾力が低下すると、目の下の奥に収まっていた脂肪が前に突き出してきて、下まぶたが膨らんで見えるようになり、それを“目の下のクマ”と感じることもあります。

 

こちらの画像は上目遣いの状態で撮影しました。こうやって見てみると下まぶたの脂肪が突き出ていることがよくわかりますね。

f:id:fujiikazuhisa:20200201162959j:plain

 

今回の患者さんの手術では、下まぶたのふくらみの原因となっている余分な脂肪を取り除き、たるみ成分の皮膚を切除し、ゆるんだ状態になっている内部組織を調整しました。

 

そしてこちらが手術後1か月後の状態です。治療効果にご満足いただくことができてうれしいです。ブログも読んでくださっているとのこと、ありがとうございます!

f:id:fujiikazuhisa:20200201162429j:plain

 

 この手術を行うと、脂肪によるふくらみと皮膚のたるみが取れるのでかなりスッキリ見えるようになるのですが、それでもアイロンをかけたように皮膚のしわをピンとのばせるようになるわけではありません。

 

上目遣いの状態で撮影すると、手術前の状態より改善はしていますが、手術をしても細かいしわは残っているのがわかりますね。

f:id:fujiikazuhisa:20200201163042j:plain

 

皮膚そのものの弾力を取り戻したい場合はサーマクールなどのRF治療を行うか、サリチル酸マクロゴールピーリングを1か月に1回のペースで受けるのもよいと思います。

 

サリチル酸マクロゴールピーリングてなに?って方は過去記事がありますのでよかったら読んでみてください。

www.fujiikazuhisa.com

 

 下まぶたのたるみ取りの手術をうけた場合、術後1,2週間は下まぶたに腫れや青あざ、むくみが出る時期があります。

 

その期間は目ヤニがいつもより出やすい、目が乾きやすいなどの症状が出ることがありますので、目薬を処方させていただいております。

 

手術後5~7日に抜糸があるので通院していただき、その後は1か月目の経過観察までは通院の必要はありません。

 

傷口が化膿する可能性があるというのがリスクとして挙げられますが、実際には過去20年間で傷口が化膿した方には一人も会ったことがありませんし、普通は起きないリスクとしてとらえていただいて大丈夫です。

 

治療費はタウン形成外科クリニックの場合、30~50万円(税別)となっております。

 

下まぶたにたるみがあると、疲れているように見える、年齢より老けて見える、メイクをしたときにファンデーションがしわに入り込むなど、周囲から見ると大したことではなくても、自分にとってはとても気になることもありえます。

 

手術をうけるとなるとダウンタイムを考えて手術日は1週間は大事な用事がない時期をえらぶ必要がありますが、難易度が高い手術ではありませんし、ふつうはうまくいってご満足いただける治療ですので目の下のたるみを気にしておられる方はまずはご相談にお越しになってみてください。