美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【フェイスリフト】1日おひとり様限定の最上級若返り治療

f:id:fujiikazuhisa:20191216020427j:plain


今日は青森タウン形成外科クリニックで、1日おひとり様限定のフェイスリフトの手術を担当させていただきました。先ほど無事に終わりました。

 

リフトアップというと、『切らない』『腫れない』『かんたん』といわれている糸リフトが思い浮かぶ人もいるかもしれませんが、フェイスリフトと糸リフトは効果がぜんぜん違います。では、フェイスリフトってなんですか?っていうと、

 

顔のたるみを取って以前のじぶんに戻るための手術

です。

 

年齢を重ねるとフェイスラインがもたついてきて、仰向けになって鏡を見た時と鏡を正面でもって見た時の顔が違ったり、鏡を下に置いて上からのぞいて見た時などは、『これは自分じゃない!』と感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

今の自分にたるみがあるかどうかを見分ける簡単な方法は、ベッドに仰向けになって鏡を見た時の自分が一番スッキリして見えるなら、現時点で顔にたるみがあると考えていいです。

 

これを治すのがフェイスリストで、手術によってこめかみから頬、フェイスラインから首まで全体のたるみを取り除き、同時に内側の組織を調整して将来的にたるみが出にくい状態にします

 

画像は僕が担当させてもらったモニター患者さんです。左が手術前、右が手術後です。手術後はフェイスラインがはっきりするようになり、ほうれい線が浅くなって、あご下のたるみも解消して若返りました。

f:id:fujiikazuhisa:20191215151113j:plain

 上記の患者さんはご来院時は顔の脂肪吸引を希望して来てくれたんですが、脂肪が多いように見えるけど、本当はたるみが原因で脂肪吸引は向いていないんですよと説明して、フェイスリフトを行うことになりました。そのエピソードについては過去記事があるのでよかったら読んでみてください。

www.fujiikazuhisa.com

 

でも、診察させてもらった結果、僕からフェイスリフトどうですか?というと、切る手術まではうけたくないんですって、ほとんどの方がおっしゃいます。それ、わかります。

 

切る手術じゃなくて、ボトックス注射やヒアルロン酸注射、しわ取りレーザーやHIFU(ハイフ)、サーマクール、糸リフトでなんとかなりませんか?ってみなさん言うんです。そりゃそうですよね。切りたくないですよ。それもわかります。

 

でも!じぶんが求めている効果がフェイスリフトじゃないと得られないなら、フェイスリフトを受けるしかなくないですか。

 

フェイスリフトなら、今あるたるみが解消するだけでなくて、たるみの元になっている部分を改善させて今後たるみが出にくい状態(老化の進行を遅らせる)にすることができるんです。

 

こちらの画像も僕が担当したフェイスリフトのモニター患者さんです。左が手術前。右が手術後です。たるみが取れてフェイスラインがスッキリして小顔にもなっています。

f:id:fujiikazuhisa:20191215151202j:plain

 でも、『フェイスリフトをするといかにも引き上げました!!みたいな顔になりますよね??』って質問する患者さんがおられるんですが、

 

結論から言うと、なりません。

 

そりゃ、『せっかく受けるんだから限界まで引っぱってください』って担当医に依頼したら不自然なほど引き上がってしまいます。だけど、経験のある医師なら不自然な仕上がりになるようなことはしませんし、自然な範囲でキレイに仕上げてくれるのがふつうです。

 

とはいえ、やっぱり切るのは怖いし、気軽に受けられるプチ整形的な治療のほうがいいと思いますよね?その感覚が普通だと思います。

 

一時的でいいから、フェイスリフトほどの成果は得られなくてもいいから、定期的な通院が必要でもダウンタイムの軽い治療がじぶんは良いんですって人は切らない若返りでも満足してもらえるんですが、それって、定期的に治療を受けるってことは定期的にお金がかかることも意味します。

 

フェイスリフトの効果は、目安ですが10年から15年は平気で維持できます。たとえば、40歳でフェイスリフトをうけると、55歳くらいまではたるみ知らずで過ごせるということです。

 

55歳で顔にたるみがない人ってほとんどいないですよね。フェイスリフトならそれが可能になるわけですからすごくありませんか?

 

フェイスリフトを受けても、そのあとに10年、15年と月日が経てばちょっとずつですが、またたるみが出てきます。またたるみが出てくるって言っても、同級生とくらべると明らかに若い状態は一生続きます。

 

だから、“ちょっと気になる・・・”程度のたるみの時にフェイスリフトを受けておくと、『あの人は前から変わらない(ずっと若い)』という印象になって良い状態を長年にわたってキープできるのがフェイスリフトのすごいところだと僕は思っています。

 

フェイスリフトの手術時間は約3時間です。自然な仕上がりになるようにデザインを行い、的確な内部処理と精密な縫合をします。したがって、いつも以上に医療スタッフの集中力が求められる治療であるため、1日にお一人の患者さんしか引き受けさせていただくことができません。

 

そのため、予約状況によってはすぐに治療をうけていただけるとは限りませんが、『やってよかった』と感じてもらえるように全力を尽くします。

 

怖い気もするけどフェイスリフトって良さそうかも?と感じてくださったなら、ぜひ無料カウンセリングを受けに来てください。説明を受けてやっぱり受けたくないと思えば申し込まなければいいだけですし、他の治療のほうが向いているなら、ほかの方法で今より良くするやり方を提案させていただきます。

 

ここまで、フェイスリフト最高!みたいなことを述べてきましたが、治療にはメリットとデメリットがあるので僕が患者さんに説明していることをそれぞれ箇条書きで書いておきます。

 

フェイスリフトのデメリット

  • 手術後1,2週間は腫れが出る
  • 抜糸まで自分でシャンプーができない
  • 術後数日間は安静が必要
  • 目立たないとはいえ、傷跡がのこる
  • 1ヶ月くらい耳にしびれが出ることがある
  • 縫った糸が出てきて抜糸が必要になることがある
  • まれに血腫ができて追加治療を要することがある

フェイスリフトのメリット

  • たるみがとれる
  • フェイスラインがすっきりする
  • 小顔に見えるようになる
  • 術後はたるみが出にくくなる
  • 定期的なメンテナンス治療は原則不要
  • さらに高い効果を得るためにヒアルロン酸注射をする場合、通常より少ないヒアルロン酸量で治療ができるので費用をおさえられる
  • フェイスリフト以上の若返り治療はないので最上級の治療といえる

カウンセリングにお越しくださいますと、実際に診察させていただいて、どんな風になれるかをさらに詳しく説明させていただきます。

 

治療費はタウン形成外科クリニックの場合、こめかみから頬、首まで全体のフルフェイスリフトで182万円(税別)となっています。カウンセリングも予約制となっています。ネット予約も可能です。お待ちしております。

www.keisei.ne.jp