美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

切らずにできる下まぶたのくまを治す手術っていう話

今日は青森タウン形成外科クリニック勤務です。新幹線の新青森駅を降りたら雪が積もってました。

f:id:fujiikazuhisa:20191207125825j:plain

 

午前中は下まぶたのクマを治す手術を担当させていただきました。

 

下まぶたのクマの原因が脂肪によるふくらみである場合は、ふくらみ部分の脂肪を取り除くことでクマを治すことができます。

 

手術は皮膚を切らずに結膜から行えるので傷跡が残らないのと、治りが早いのでダウンタイムが軽くてすむのがメリットです。

 

こちらは以前に担当させてもらったモニター患者さんの画像です(今日の患者さんではありません)。ふくらみが取れてスッキリ見えるようになっているのがわかります。

f:id:fujiikazuhisa:20191207130338j:plain

手術時間は両側で30分程度。帰りにメイクをすることが可能です。皮膚を縫っていないので抜糸の必要もなく、1か月検診の診察まで通院も不要です。

 

局所麻酔だけでできる治療ですが、不安感が強い方は点滴で眠った状態になって寝ている間に手術を受けることもできますので、ご希望の方はカウンセリングの時に相談してみてください。

 

手術後1週間くらいは下まぶたに腫れやむくみ、内出血が出ることがありますが、メイクでカバーできるのと、治りが早い治療なので2週間後には治療効果を実感できていることがほとんどです。

 

手術の難易度は高くありませんが、下まぶたの皮膚にたるみがある場合はたるみ取りの手術を併用しないと余計にたるみが目立ってしまい、老けた感じに見えてしまいます。そのため、治療の向き不向きを正しく診断することが重要です。

 

リスクとしては血腫ができる、感染が起きて腫れが長引くなどがあげられますが、ふつうは起きないリスクと考えていただいて大丈夫です。

 

下まぶたの脂肪取りの治療費はタウン形成外科クリニックの場合、25万円(税別)です。

 

治療費には薬代や診察費用など、治療に必要なすべての料金が含まれており、特別なレーザーメスを使うから加算料金がかかるとか、傷の治りを早める特殊なサプリを買わないといけないオプション設定などは一切ありません。ご安心ください。

 

カウンセリングは無料なのでまずはお気軽に相談に来てみてください。ネットから予約ができます。

www.keisei.ne.jp

今日から4連勤、明日は郡山院勤務です。ばりばり頑張ります!