美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【上まぶたのたるみ】ちょっと変える?しっかり変える?

f:id:fujiikazuhisa:20191110151659j:plain

今回は、以前に僕が手術を担当させてもらった上まぶたのたるみ取りのモニター患者さんのビフォーアフター画像を紹介させていただきます。

 

上まぶたのたるみを取る治療では、今の目の形は変えないでたるみだけを取り除く方針と、たるみを取って二重まぶたを新たに作る方針があります。

 

目の形を変えないでたるみだけを取り除く治療は僕自身がすでに受けていますので、過去記事の『【上まぶたのたるみ】美容外科医が手術をうけてみた』をご参照ください。

 

www.fujiikazuhisa.com

 

たるみを取って二重まぶたも作る方針では、二重まぶたの幅は患者さんの希望に応じて決めることができます。

 

たとえば、元々二重まぶただったけれど、たるみとともに二重まぶたの幅が狭くなってきたから以前の二重まぶたを取り戻したいというご要望も対応可能ですし、

 

たるみを取るついでになりたかった二重まぶたを手に入れることも可能です。今回の患者さんは元々一重まぶただったけれど、せっかく受けるから念願の二重まぶたにしたいというご希望でした。

 

こちらが手術前の患者さんの状態です。たるみのせいで眠そうな目に見えるのと、右側(向かって左側)のたるみ度合いが左側より大きく、左右差があります。

f:id:fujiikazuhisa:20191110210707j:plain

手術前に希望の二重まぶたをうかがってデザインを決定し、たるみ成分の皮膚を正確に測定します。

 

手術は局所麻酔でうけることができ、手術時間は1時間程度です。麻酔注射はチクッとする痛みがありますが、麻酔はすぐに効きますし、まぶたの皮膚はやわらかいので麻酔はそれほど痛いわけではないのでご安心ください。

 

それでもどうしても麻酔注射のチクッとする痛みも嫌という方は点滴をして眠っている間に麻酔をすることも可能ですが、個人的にはそこまでしなくても大丈夫だと思っています。

 

手術中は麻酔が効いているので痛みを感じることなく手術をうけることができます。途中で麻酔が切れたりすることはないのか??と時々質問をいただきますが、ふつうはそういうことはないので心配いらないと考えてもらって大丈夫です。

 

たるみ取りの手術で二重まぶたの手術も同時に行う場合、たるみ成分だけを取る手術より術後の腫れは大きく出ます。腫れの期間は1,2週間です。患者さんによっては青あざが出る人もおられますが腫れがひくとともに内出血もなくなります。

 

腫れがある間は希望の二重まぶたの幅よりも広く見えますし、患者さんによっては『もしかして、これって失敗??』と思う人がいても不思議ではありません。

 

でも、手術の腫れは必ずひきますし、必ず完成の時がやってくるので心配しないでください。手術後1週間後に傷口の抜糸をするので通院があります。

 

手術後1週間では腫れやむくみが残っていて手術前に設定した二重まぶたの形になっていないのがふつうです。抜糸後はメイクができますから、腫れやむくみが引くまではメイクでカバーしていただくことが可能です。

 

腫れやむくみが引いて、ある程度自然な状態になるには経過が遅い人ですと1ヶ月くらいかかることもありますが、1か月間不自然な状態が続くわけではなく、自分は気になるけど周りから見るとおかしい感じではありません。

 

手術後1ヶ月ではまだ完成状態ではなく、患者さんによっては二重まぶたの下の部分にむくみが残っていて、スッキリした二重まぶたに見えないと感じる人もいると思います。

 

大事な顔の手術ですから、希望の仕上がりとちょっとでも違うと、患者さん本人は『やっぱり失敗なんじゃないか??』と不安になる気持ちは理解できますが大丈夫です。きちんと良くなります。

 

なので、完成の時は必ずやってきますからそれまでお時間を頂きたいと思います。たるみ取りをして二重まぶたを新たに作った場合、完全にむくみがひいて完成ですと言える状態になるまでに3~6ヶ月かかるとご理解ください。

 

傷跡は消えることはなく残るのですが、とはいっても最終的にはノーメイクでも気にならない程度に落ち着くのが普通です。

 

手術後3か月も経てば十分自然な状態に落ち着いているんですが、新しく二重まぶたを作った場合は自分自身が新しい目の感じに慣れるまでの期間も必要です。

 

手術後に心配になった時は、担当医の診察をうけて現在の状態を説明してもらうことをおすすめします。

 

前置きが長かったので今回の患者さんの手術前の状態を忘れてしまいましたよね。手術前の状態がこうで、

f:id:fujiikazuhisa:20191110210707j:plain

 

3か月後の完成の状態がこちらです。たるみが取れて患者さんご希望の二重まぶたも出来上がりました。左右差も改善しています。しっかり変化させてぱっちり目にしたいという患者さんの希望が実現しました。

f:id:fujiikazuhisa:20191110225658j:plain

 

 たるみを取って二重まぶたにすると、手術前にくらべてまゆ毛と上まつ毛までの距離が近くなるので、目が大きく見えて、見た目も若返って見えるようになります。

 

今回の患者さんも、“元気に見えるようになって気持ちが明るくなった”“前は疲れてないのに疲れているの?と言われることもあったけど、今はそう言われなくなった”“目が開けやすくなって肩こりがなくなった”ととても喜んでくれました。

 

僕が現在勤務しているタウン形成外科で上まぶたのたるみ取りをうける場合の費用は30万円(税込み)です。他院術後の修正手術や特殊なご希望の場合は追加料金が必要になることがありますのでカウンセリング後に正確な費用を提示させていただきます。

 

今回の患者さんのように変化が出てもいいのでたるみ取りと一緒に念願の二重まぶたを手に入れたいという方もいれば、ちょっとの変化で十分という方もいて、患者さんの希望は様々ですから、カウンセリングでは遠慮なしに希望を伝えてください。

 

カウンセリングも予約制とさせていただいています。まずは相談だけでも大丈夫です。お越しくださる際はお手数ですが予約をお願いいたします。ネットからも予約可能です。お待ちしています。

www.keisei.ne.jp