美容外科クリニックではたらく医師のブログ

現役美容外科医のお仕事と日常生活

【私も患者さんです!】写真で見るAGA治療の効果と注意点

f:id:fujiikazuhisa:20191104165617j:plain
AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で日本語では『男性型脱毛症』と言われており、治療法の進歩によって今では、薄毛に悩む男性が気軽に治療を受けられる時代になりました。

 

僕自身、2005年にAGA治療薬『プロペシア』が日本で発売されると同時に治療を開始して、現在も治療をつづけています。僕の家系は“20代で若ハゲ”家系ですが、おかげさまでAGA治療によって“生還”し、48歳の現在もなんとかもちこたえています(笑)

 

そこで今回は、AGA患者であり医師でもある僕が、AGA治療の効果と注意点を説明させていただきます。ぜひ参考にしてください。

AGA治療は飲み薬と塗り薬が基本

AGA治療の基本は飲み薬と塗り薬です。自宅でできる治療なので気軽に治療をはじめられます。

 

飲み薬

男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が抜け毛を引き起こす物質であり、DHTが体内で作られるときには5α還元酵素という物質が使われます。

 

AGA治療薬は5α還元酵素の働きを邪魔してDHTが体内で作られないようにすることで治療効果を発揮します。現在日本で製造されているAGA治療薬は2種類(プロペシア、ザガーロ)です。5α還元酵素には1型と2型があります。

 

プロペシア

2005年発売の最初のAGA治療薬。一般名はフィナステリドといい、5α還元酵素の2型の働きを抑えて抜け毛を防ぎます。1日1回決まった時間に飲みます。料金は3か月分で3万円(税別)です。

 

発売と同時に僕は内服を開始し、ザガーロが発売されるまで欠かさず飲み続けました。

f:id:fujiikazuhisa:20191104172516j:plain

 

 ザガーロ

2016年発売のAGA治療薬。一般名はデュタステリドといい、5α還元酵素の1型と2型の両方の働きを抑えて抜け毛を防ぎます。プロペシア同様、1日1回決まった時間に飲みます。料金は1か月分12,000円、3か月分36,000円(ともに税別)です。

 

僕は2016年の発売開始時にプロペシアからザガーロに切り替えて現在もザガーロを飲んでいます。

f:id:fujiikazuhisa:20191105153221j:plain

 

 プロペシアとザガーロどっちがいい?

ザガーロのほうが新しい薬であり、5α還元酵素の1型、2型の両方に効きますから、僕のおすすめはザガーロです。プロペシアで効果が得られなかった方にはザガーロが効く可能性も考えられます。

 

しかし、今までプロペシアを使って効果を実感できているのであれば、ザガーロに変更する必要はありません。

 

これからAGA治療を受けようと思っている方の場合は、AGA治療は継続していくことが重要で、途中でやめてしまうようなことがないようにする必要があります。

 

お薬の購入が経済的負担となって途中で治療をやめなければいけなくなるくらいなら、プロペシアで治療を開始してはどうでしょうか。

 

そして、状況によってザガーロのほうがいいと担当医が判断した時はザガーロに変更すればいいと思います。

 

どのくらいで効果がでるの?

薬を飲み始めてすぐに効果がわかるわけではなく、最短でも6か月は薬を忘れず飲むようにしてください。6ヶ月というと半年間ですから、患者さんにとっては長い期間だと思います。

 

不安になった時は担当医の診察を受けて生活面で改善できることがないかなども含めて相談してみてください。

 

副作用はないの?

男性ホルモンの生成をおさるため、1%の確率で性欲減退の副作用が起きると言われていますが、過剰に心配することはないと言えます。

 

塗り薬

塗り薬はミノキシジルという薬を使います。ミノキシジルを頭皮に塗ると、薬の成分が皮膚から吸収されて頭皮の毛細血管をひろげて血流をよくします。血流がよくなると細胞に酸素や栄養を送り込みやすくなって抜け毛を防ぎ、発毛を促す効果を発揮します。

 

ミノキシジル

ミノキシジルは基本的には1日2回朝晩に頭皮に塗りますが、使い方は担当医の指示を守るようにしてください。僕は患者さんに夜寝る前だけでいいと伝えています。

 

その理由は、ミノキシジルを塗ると少し頭がベタベタするので仕事に行く時に頭がベタベタでは不快だからです。

 

病院で処方するミノキシジルは市販の5%のもの(リアップ)より濃度が高いので、そのぶん高い効果が期待できます。写真は左から5%、7%、15%。料金は5%5000円、7%7000円、15%12,000円(税別)です。

f:id:fujiikazuhisa:20191105162258j:plain

 何%のミノキシジルを使うかは医師の診察によって決まり、その後の経過によって濃度を変更することがあります。

 

副作用はないの?

ミノキシジルの副作用で多いのが頭皮のかゆみです。高濃度ほど副作用の出現率はあがります。少しのかゆみくらいなら問題ありませんが、掻かないといられないほどのかゆみならミノキシジルの濃度をさげることを検討します。

 

正規品を使ったほうがいい理由

飲み薬も塗り薬も、医療機関で処方される正規品を使うようにしてください。その理由は、安全性と効果面で安心できるからです。

 

ネットの個人輸入代行業者さんからも医薬品を購入できるようですが、おすすめしません。

 

薬剤が適切に管理されて品質も同じで、それが正規品の料金より安いなら魅力的ですが、正規品は入手ルートや保管状況などの管理体制もしっかりしていて、万一副作用が生じたときの補償体制も整っています。正規品は安さに代えられない安心感があります。

 

それに、海外から取り寄せた商品の中には偽物が入っていることもあるようです。AGAは少しでも早く治療を開始したほうがいいのに偽物の薬を使って時間を無駄にするようなことは避けるべきです。

 

ネットより病院で買うほうが高いのは安心料と割り切って、クリニックで処方をうけ、きちんと医師の診察と指導をうけるようにしてください。

 

通院してうけるプラセンタ注射

僕が勤務しているタウン形成外科クリニックでは、AGAの治療メニューに頭皮プラセンタ注射をご用意しています。飲み薬と塗り薬による治療を基本にプラセンタ注射を通院で受けていただいています。

 

プラセンタって何?

プラセンタとは胎盤(たいばん)のことです。プラセンタ製剤はヒトの胎盤エキスを滅菌して注射用製剤として作られたものです。

 

注射はどこに打つの?

頭皮の気になる部分に細い針を用いて注射します。何か所か注射するのでチクッとしますが、それほどつらいわけではありません。処置時間は数分でおわります。

 

どのくらいのペースで通うの?

2週間に1回のペースで通院していただきます。

 

副作用はあるの?

特にありません。処置当日はシャンプーやミノキシジルを塗った時にしみる感じがあるかもしれませんが、健康や頭皮に悪影響はありません。

 

プラセンタは特定生物由来製品ですので、プラセンタ注射をうけると献血ができなくなります。

 

何回通えばいいの?

2週間に1回の通院を5~10回を1クールとしてまずは1クール続けることをお勧めします。その後は状態をみて続けるかどうかを担当医が説明します。

 

費用はどのくらいかかるの?

1回 22,000または33,000円(税別)

6回コース 121,000または181,500円(税別)

12回コース 231,000または352,000円(税別)

24回コース 451,000または682,000円(税別)

高いほうと安いほうの違いは、注射範囲の違いです。(高いほうが広範囲)

 

【写真で見る】AGA治療6ヶ月の結果

では、タウン形成外科クリニックでAGA治療を受けてくれたモニター患者さんの6ヶ月後の結果を写真でご覧いただきます。

 

患者さんは40代、男性。こちらが治療開始前の状態です。頭頂部全体の髪が薄くなっており、地肌が透けて見えています。そして、髪が薄いせいで頭皮が日焼けして赤みがあるのが確認できます。

f:id:fujiikazuhisa:20191105170604j:plain

 

患者さんにはプロペシア(飲み薬)とミノキシジル(塗り薬)を基本としてプラセンタ注射によるAGA治療を受けていただきました。そして6ヶ月後がこちらです。

f:id:fujiikazuhisa:20191105170801j:plain

 

 明らかに改善しているのがわかります。患者さん自身も効果を実感してくれました。頭皮は以前に比べて健康的な状態となっていて、髪の毛が増えたことで頭皮が日焼けすることもなくなり、地肌の色も改善しました。

 

今後はプロペシアとミノキシジルによる治療を継続して良い状態をキープできるようにフォローしていく予定です。

 

AGA治療をうけた患者さんがみなさん、モニター患者さんのようになれるわけではありませんが、治療を受けたのに全然効果がないというケースもまれなので、まずはクリニックに相談に行ってみることをおすすめします。

 

まとめ

男性の薄毛の悩みは深く、気軽に周りの人に話せる話題でもないため、ひとりで気にしている人が多いのが現状です。

 

ネットには様々な情報があふれていますから、どれを信じればよいかわからない・・・という方もたくさんおられます。

 

AGAは進行性の病気です。早く治療を開始したほうが症状を早く改善させることができます。クリニックによってAGAの治療法もいろいろですし、治療費も違いがありますので、まずはいくつかのクリニックに相談に行ってみてください。

 

タウン形成外科クリニックは予約制となっております。お越しくださる際は予約をお願いいたします。お待ちしております。

www.keisei.ne.jp